最近、イギリスのウィリアム王子とケイト王妃の3つ目の子供のルイの小さい王子は受けて洗礼を受けました。洗礼を受ける式典はイギリスロンドンのジェームズの宮の皇室教会堂でします。あとで、イギリス王室政府は何枚の写真を発表して、写真の中で、小さい王子和兄のお姉さんはすべて非常にかわいくて、しかし最も私に意外と感じさせて、ケイト王妃が結婚して7年、連なって3人の子供を生んだ後に、依然としてこんなに良い状態を維持することができます。
“ケイト王妃”の政府の称号は“王室のケンブリッジの公爵の夫人殿下”で、“王妃”のは仏にケイトの好きなのが体現しているについて大衆を言うことができさせます。2011年、ケイトとウィリアム王子はロンドンの大きい婚姻にあります。その時全世界の眼光はすべてあの1つの意味を高く備える世紀の“ベランダ”上でピントを合わせました。
ここに言及して、多くの人は恐らくダイアナ妃まで(に)連想します。20年前に、年はまだ36歳のダイアナ妃は1度の交通事故がこの世界を離れたため、幼いウィリアム王子とハリー王子を残します。最近のこの数年でで、ウィリアムとハリーはやっと母のを漏らして立ち去って彼らの人生に対して巨大でしかも長い影響を持ってきました。
ダイアナ妃が死んた後に、王室は聞くところによるとウィリアムにハリーと1件の母の遺物を選んで残して紀念を行わせる。ウィリアムは母の生前のサファイアの指輪を選んで、この指輪は今つけてケイトの手で行きます。ケイトはほとんど指輪をずっと取りなくて、いかなる場所ですべてこの1枚の意味の並外れているサファイアの指輪をつけています。先週末のウィンブルドンの決勝戦の観衆席の上で、私達はなんと皇室の1家を見ました。その中、ケイトはよく見通しがつく黄色のオールインワンのスカートを身につけていて活力を高く備えて、彼女が生産してやっと3ヶ月まで向こうへ行かないでを知っていて、体つきのすでに回復したのとの前にないのが悪いです。


男性の魅力、うわべの様子の容貌がどのようかと関係なくて、のは全身の風格の和気場にあります。今日腕時計の家はあなたに3モデルの腕時計を推薦して、流行するだけではないコーディネート自在、その上一挙手一投足の間で日光の優雅な風格を配ることができます。
CHANELJ12腕時計は登場今なおから、ずっと全く新しい風格を演繹して、設計がただ1つで、技術が独創性があります。殻を表して時計の鎖とすべて黒色のハイテクのファインセラミックスを採用して貴金属によく合って、色合いが旺盛で、気概が玉のようだやさしくて、つやがある影の間はぼんやりしている米を作りだします。シンプルな白黒の色は対比して、何分(か)の禁欲する感、シンプルな風の造型の非常にのコーディネート自在に多くなりました。
カルティエはDrivedeCartier腕時計を出して、きんでている造型でクラシックを成し遂げて、また男らしくて勇ましくて優雅なページを増やします。カルティエDrivedeCartierシリーズの腕時計の創作のインスピレーションは骨董の自動車のゲージ板に生まれて、外から観覧して、流行の中で昔を懐かしむ気持ちを漏らして、気の向くままに復古する風情に揺らめいています。卓のなんじの非凡な枕の形の腕時計の線は明るくて清潔で、人に一目で男性の男らしくて勇ましい魅力を見抜くことができます。時計の文字盤となると、精致な銀めっきはロープをねじって紋様を彫って骨董の車の元素を完璧に腕時計の中に解け合って入って、カレンダーの表示ウィンドウと小さい秒の皿によく合って、十分に簡潔です。Drive deCartierシリーズの腕時計は厚さの方面で大いに減らして、シンプルで上品で、しなやかにかっこいくて、カルティエの1904―PSMCを搭載して自動的に鎖のチップに行って、48時間の動力備蓄物を提供します。大いにシンプルな風DrivedeCartierシリーズの腕時計を行って、ほど良く男性の体のあの清潔な息を放出します。
959年、オメガCK2998腕時計は発表されて、今なおすでに有名な全世界のとても腕時計を奪い取るクラシックの傑作になりました。今のところ、このクラシックの腕時計の新しくモデルを表しになる設計の霊感の源。精密な鋼は殻を表してよく合って砂粒を吹付ける処理の銀色の時計の文字盤を通って、時計の文字盤の上で黒色の分の小屋と赤色の明るい漆の時間単位の計算の秒針が設置されていて、3種類の色の持ってくる視覚の衝撃、息場は高く上がります。黒色の陶磁器が表して装飾を閉じ込める白色のエナメルの脈拍の目盛り目盛りがあって、これは度のフリーボードの機能を知っていて十分にそれを腕時計の中で才能がすべて現れさせるのを弁別します。背負って刻みを表してブランドのシンボル的なセイウチの徽章の図案があって、全部の塊の腕時計の精致な度をまた上がって、どこでもブランドの魅力を明らかに示しています。この腕時計のクール力が十分で、非常に日光の格好が良い造型に適合します。


2019年度の“カルティエが賢くて女性の創業家賞にわき返りを思い慕う”は2018年に6月11日に正式に開いて募集します。“カルティエの魂が思い慕って女性の創業家賞にわき返る”(CartierWomen’sInitiativeAwards)はカルティエ(Cartier)と欧洲英士国際商学院(INSEAD)とマッキンゼー国際顧問会社(McKinsey&Company)から2006年に共同で創立します。この賞は女性を主導にすることを支持するのを目指して、創造性、しかし続ける性と社会的責任感があって、しかも財務の状況の穏健な利潤性は会社を創始します。この国際性大会が選抜するを通じて(通って)懸命に向上心を持って、未来ためにもっと高い効率しかもローコストのソリューションの女性の創業家を出して、絶え間ないで全世界の経済発展になって貢献して、同時にもっと多い女性に十分に自分の潜在エネルギーを発揮するように励まします。
向こうへ行っている10余生間、“カルティエの魂が思い慕って女性の創業家賞にわき返る”は創造精神があって、人類を探求してために未来発展する貢献の傑出している女性を作り出しを励まして支持するのに力を尽くします。2019年度の“カルティエが賢くて女性の創業家賞にわき返りを思い慕う”の申請の始めと終わりは期日北京時間の2018年の6月11日20時~2018年の8月31日20時のため。

試合地区は七大試合地区まで(に)増加します

更に賞の影響力を拡大するため、“カルティエの魂が思い慕って女性の創業家賞にわき返る”は現在七大試合地区まで(に)広げて、つまり今年から、アジア・太平洋地域は2つの地区に分けるでしょう:極東と東南アジア地区。代表の7大地区(南米、北米、ヨーロッパ、サハラ以南のアフリカ、中東北アフリカ、極東と東南アジア)の21人の決勝戦は2019年に選手の名簿に入選して2月に公表して、同時に2019年の“カルティエが賢くて女性の創業家賞にわき返りを思い慕う”の決勝戦週間と大会の授賞式の催しの場所を公表するのを。

7人の最後に受賞する選手は1人1人10万ドルの賞金を獲得するでしょう、14人の決勝戦の入選することの選手は1人1人3万ドルの賞金を獲得するでしょう。これらの選手はまた(まだ)すべて個性化の商業の指導、メディアの支持、交際のネットワークを獲得して英士社会の創業に広く開拓して参加して学んでプロジェクト(ISEP)を育成訓練するでしょう。


1909年、ルイスが地雷(水雷)を仕掛けて里のオーストリア本当の力をつけている時腕時計はフランスを飛び越える加アカザ省とイギリス多仏市の間の40キロメートルの偉大な壮挙を完成して、ここから1つには本当の力の時にパイロットのシリーズの腕時計は人の群れの中で音が聞こえる遠近を始めて、2012年のフェリックス・鮑にターナーの計略の上でしっかりとひとつの本当の力に固定した時腕時計は首尾よく自由落下の音速障壁を突破する並外れている挑戦を完成しました。向こうへ行くのがまだ今なのにも関わらず、本当の力の時にすべて初めの心を永遠に保って、ずっと歴史の堆積の次、絶え間ないで自身を合理化する、革新の技術、今日みんなと1モデルの本当の力を分かち合う時、パイロットの腕時計を忘れません。
殻の材質を表して青銅を採用して製造して、色の材質の復古が奇抜で、このような材料、高抗の磁気合金の材質のため、磁界干渉を減らすことができます。 航空専門設計のため、側面が観覧して“HB―4677”が字形を彫り刻みがあって、“HB”はスイスの民間航空の登録の番号を代表して、後ろは腕時計の順番で、殻の厚さを表すのは14.25ミリメートルで、直径は45ミリメートルで、非常に男性に合ってつけて、効果をつけて独特な一人前の男の息場を明らかに示します。
鏡を表してサファイアのクリスタルガラスの材質を採用して製造してなって、内外の両側は皆まぶしい処理を防ぎを行います。円形の時計の文字盤は声がかれてつやがある青いので、白色のスーパー蛍光塗料の処理したことがあるアラビア数字によく合う時表示して、金めっきは面の針を刻んで同様に白色のスーパー蛍光塗料処理を経て、この腕時計のやみ夜にのが夜光の効果を下へ覆うのはとりわけはっきりしていて、時計の文字盤の上塗が夜光の材質がある時とポインターが緑の光景が現れて似ているのを表示します。


腕時計の世界の中でずっと“無用に議論する”の一説に広く伝わっていて、意味は情報の高速発達している時代下でで、時間、期日などこれらの元素のは方法が現れてすでにだんだんデジタル化、科学技術化に傾いて、自身は時間のキャリヤーの腕時計としてもだんだん1件の精巧で美しい芸術の作品に転化して、しかし日常生活の中で、その使用価値は決して価値を収集するのより小さくありません。今のところ、表を作成する技術の発展は腕時計にもっと多い機能性、複雑性を与えます。
この腕時計のロンジン所属すばらしい名の職人のシリーズ、ロンジンを受けてその通りにして186年来のを表で全く表を作成する伝統が精密で、クラシックの流行遅れでなかった時計のモデルを採用して設計して、精密な鋼の材質から製造して、表すのは直接40ミリメートルで、銀色の表面がおさえてオオムギの粒子の図案があって、週の月に表示して、時間単位の計算、月相が機能を表示するのを配備して、ダークブラウンのワニのサメ皮によく合って腕時計のバンドをつくって、更に優雅な古韻の米を現して、学問があり上品な勢力のある人の風格の紳士が効果をつけるのは更に良いです。内部はロンジンCal.を搭載しますL678チップ、動力の備蓄物は46時間のため。

名士が所属のケリーを表してシリーズのデザインにちょっと止まるすばらしくて、シンプルで、この腕時計はその設計の風格に続いて、設計を簡素化して実用的で複雑な機能を含みます。殻を表して光沢加工とシルクを採用して技術処理の精密な鋼の材質を磨き上げて製造してなって、表すのは直接43ミリメートルで、銀色の時計の文字盤は縫って太陽のシルクで装飾を磨き上げて、藍鋼のポインターによく合って、時間単位の計算、週の月の表示機能を配備して、黒色のうろこの装飾ワニの皮バンドによく合います。内部は自動機械的なチップを搭載して、動力は貯蓄して48時間になります。


日常生活の中で私達になって、いくつかの値段が高い腕時計に会う時、内心にいつも衝動的に買いたい欲求がありますが、しかしなぜ財布が寂しいです。今日、腕時計の家は1万元のランクにありを、あなたのために3モデルの精密な鋼の材質の製造する腕時計を心をこめて選びます。
この腕時計はF1シリーズの設計の風格、“早くリズムの生活のスポーツ・カジュアルの腕時計に向かう”を受けてその通りにしました。全体設計は男性の丈夫な風をかなり備えて、精密な鋼の材質は製表の殻を打って、表すのは直接43ミリメートルで、たばこのグレーの時計の文字盤によく合って、金属の針金をつくる質感設計を採用して、目盛りのポインターを売り払って蛍光の上塗りに付いていて、蛍光の標記するアーチ形を持って手製で埋め込みして貼りを売り払いによく合う時表示して、冠を表して光沢加工の精密な鋼設計を採用して、赤色の線の飾る浮き彫りの精密な艶消しTAGHeuer(タイ格HOYA)のルピアの形に付いていて表します。全体の視覚効果の上から見て、この精密な鋼がデザインを表すのはもっと横暴で、格好が良くて、男性の独特な魅力を展示します。
このレーダーの腕時計は精致なサイドオープンの時計の文字盤設計を採用して、はっきりしているのがチップの運行状態が観察からわかることができて、遮ったり,現したりする中かすかにの神秘の美感を経験しています。精密な鋼の材質の製造する表す殻はと小屋を表して、表すのは直接38ミリメートルで、濃い色の透かし彫りの時計の文字盤設計はと底の透明なサファイアのガラスの底を表して設計をかぶせて互いに引き立って、内部は自動機械的なチップを搭載して、30メートル水を防ぎます。この精密な鋼の腕時計設計の造型は比較的独特で、紳士がつけて違う色を加えるの手首の間でになります。


前世紀60、70年代レースの熱狂的なため、時間単位の計算は表して1時間に風靡して、“パンダ皿”も時間単位の計算の中を表すシンボル的だ設計になりました。当然で、それを“パンダ皿”と呼んで霊感ため我が国のパンダで決してから来たのでなくて、このような設計はより多く色所に主導的になられるです。パンダ皿の普通は3時、6時、9時の位置が副時計の文字盤が設置されている、取引の中心商品が白副盤のために黒いため、あるいは取引の中心商品が黒くて副皿のために白いため、このような設計は色と形態だ上で似ていて無邪気さが実にかわいらしいパンダに足りました。今日腕時計の家はあなたが3モデルのすばらしいパンダの円板ゲージを推薦する時に表します。
原始のオメガCK2998腕時計は1959年に発表されて、その時すでに絶大な支持を受けて、今のところの状況も同じです。この上で、オメガはとてもシリーズを奪い取ってすばらしい型番の霊感を吸収して、全く新しい復刻版CK2998を出します。この腕時計は原本のシンボル的な元素を保留して、いくつかのかすかな変化をやり直してきた。精密な鋼は殻を表して売り払って針金をつくって処理を通って、小さいをの付けてあって砂の銀色の時計の文字盤を噴き出して、時間目盛り、時計の針と分針は特殊加工を通って黒色を現して、中央の時間単位の計算の秒針は赤い漆で飾って、小さい時計の文字盤の上のロジウムメッキのポインターは全て砂粒を吹付ける処理を通ります。銀色の時計の文字盤は3つの黒色の小さい時計の文字盤と軌道式の分の小屋によく合って、黒色は陶磁器の時計の文字盤を売り払って白色のエナメルの脈拍の計算する目盛りを飾って、3つの小さい時計の文字盤は安定的な三角形を形成して、つり合わせて思う非常に強烈です。腕時計はCalibre1861チップを搭載して、“月の時計”の歴史を跡継ぎして、表して背負って浮き彫りのセイウチの徽章の図案になって、そして“SPEEダイレクトメモリアクセスSTER”(ボスを超える)の字形を彫り刻みます。オメガのこれはとてもシリーズの腕時計を奪い取って制限して2998発行して、今のところ表してと求めにくいです。


また何日(か)を過ぎて、ロマンチックな七夕の佳節でした。この日に、忠節を守る愛情の結婚相談所に再度つくるように代表して、彦星と織姫星を会わせて、愛を腹を割って話します。1年のは一回換えてきて出会いを待って、彼らは愛情のがしっかりと守りに対して世間の人に憧れられて、だから七夕よくロマンチックな日と満たしになりました。中国の伝統のバレンタインデーとして、恋人達はよくこの日にあって、プレゼントを贈呈して、別半分に愛を表現して、お相手をする歳月に負けません。どんなプレゼントTAをそのように買って好きですか?もちろん豊富な意味のカップルのペアウォッチを持っているので、双方の深い感情の目撃証言ことができるとして以外、さらにいつもTA身の回りで付き添って、15分の至福のときごとに記録します。これが幸せな日を満たす中に、ラドーは七夕のバレンタインデーTrue本当のシリーズ特に別の自動機械的なペアウォッチを出して、この採用の優良品質のスイスの機械的なチップの全く新しいペアウォッチはシンボル的なプラズマのハイテクの陶磁器の材質のデザインの外を保留していて、更に彦星と織姫星の久しぶりに会うクラシックの愛情のストーリを新作のペアウォッチの中に溶け込んで、すべての節操をかたく守って変えない恋人はすばらしい祈願を送ります。
今回、2つの全く新しいレーダーのカップルのペアウォッチは久しぶりに会う伝奇のストーリを霊感にして、優雅な真珠の雌の貝の時計の文字盤を採用して、ただ1つのしわと光覚、一人一人のつける者のために手首の上で専属の夜空の美しい景色を製造します。更に盤面の8時(点)の人と2時の位置にあって、牽牛星と織女星の図案に飾りを添える米はあけて、これを星のに鮮やかに輝いてもしきらめいて夜空を全部に敷き詰めさせます、とてもすばらしい印象と感想を製造して享受します。そして時間の大の3針を代表する繋がって、時空の愛情をまたがり越えて手首の間でで固まるでしょう、イタリアの諭しの真実の愛が永久不変だ。