古代のお茶の事の典故の品物の揺り動かすよい匂いがする古韻のお茶の史を知っています

中国はお茶の故郷で、お茶、ヤムチャの既存の数千年の歴史をつくって、中国の茶芸は今まで発展して、すでに世界で高い名声を有しました。お茶の文化は伝統の文化の中で中国盛んな1筆で、歴史が長い歴史の中で、同じくたくさんお茶の典故に関して残して、読んでくるか味わい深くて、あるいは人に今後の戒めとさせます。

孫皓はお茶に酒に代わりをいただきます
《三国志・呉志・韋が輝いて伝わる》によって載せます:“明るく宴会を供応しますと、全部1日中、座席はすでに7リットルが期限とした能否率がありません”。文の中で“明るい”つまり呉国の第4世代の君主の孫皓、東の呉の最後の1人の皇帝で、彼は酒を飲みを好んで、毎回宴席を設けて、来客は少なくとも7リットル酒を飲みます。しかし彼は博学に対して多く酒量の大きくない臣の韋に向ってが輝いてきわめて重んじるのをかいで、よく慣例を破ります。いつも韋が輝いて失脚しにくい時、彼の便の“密に世代の酒でお茶に荈をいただく”。これは“お茶の世代の酒で”の一番早い記録です。

6の刺し縫いする棒の甥
お茶の聖人の陸羽の《茶経》が晋《中興の本》の中を再引用して語る記録があって、晋人の6は刺し縫いして、呉興の太守を以前に務めて、疲れて尚書令に移って、強く“恪まめな貞操があって、ずっと重慶の”の言い伝えなかれ、つましいドイツの有名な人でひとつのです。ある時、将軍の謝安を守って6訪問して刺し縫いするのに行って、6の刺し縫いする甥の6俶は叔父の接待する品物に対してお茶の果実のためにただ不満に思うだけ。6は刺し縫いして自分の考えで決めて、ひそかに盛りだくさんの料理を用意しておきます。謝安に来たように待って、6俶はこの豊かな竹のむしろを捧げました。客が行った後に、6の刺し縫いする憤っている責任の6俶の“なんじがつやがある益の叔父のなぜ汚い吾のあっさりしている業ができない”、そして甥の40の大きい板を打って、容赦なく1回教えさとしました。