天空の人工衛星から時刻データの乗った電波を受け取り、たちどころに時刻を修正するエコ・ドライブ衛星電波が、オールブラックに彩られた。40タイムゾーンの時刻を表示可能なワールドタイム機能をはじめ、優れた機能性はそのままに、シャープな外観は、いっそう鋭さを増した。そこにベゼルやインデックス、針などのパーツに配されたゴールドカラーが、鮮やかに輝く。

抑制の効いたゴールドを生かしたデザインが、時計の持つ硬質なイメージを引き出し、所有するよろこびを盛り立ててくれる。これからのシチズンの旗艦モデルに成長することも期待される時計にふさわしい、モード感にあふれた腕時計だ。


毎年6月10日の時の記念日に、「光と時」をテーマとするシチズンの限定コレクション「LIGHT in BLACK」が発売される。シチズン独自の光発電エコ・ドライブを搭載したブラックとゴールドに彩られたモデルが5つ。漆黒の闇に差す光から誕生した時をモチーフとする新作の全容が、ついに明らかになる。

ブラックとゴールドのコントラストが見事
2015年6月10日、「光と時」をテーマにしたシチズンの限定コレクションが、ついにデリバリーされる。テーマは、「LIGHT in BLACK」。暗闇のなかに発した光をブラックのボディとゴールドパーツの差し色で表現、シチズンを代表するそれぞれ5つのシリーズからスペシャルモデルが誕生した。約40年の歴史を持つシチズン独自の「光発電エコ・ドライブ」を搭載したスペシャルモデルだ。


「コットンクラブ」はケースの造形が非常にクラシカルだ。ベゼルはステップトベゼル、リューズは大振りなオニオン型で、まさに懐中時計から腕時計への移行期のような意匠である。ラグにも立体的な造形がくわえられ、古き良き時代の時計らしさを残している。

「コットンクラブ」は2014年にもキャリバー7750ベースのクロノグラフが発表された。それに続き、今回はその文字盤のバリエーションが追加された。「コットンクラブ」の個性的なデザインを残しつつ、ブラック文字盤にアラビアインデックスという組み合わせがくわわった。


20世紀前半のキューバは、風光明媚な保養地であり、ヨーロッパやアメリカから豊かな著名人が大勢訪れ、クエルボ・イ・ソブリノスも彼らの多くが顧客となっていた。イギリスの政治家で第二次世界大戦から冷戦期に首相を務めたウィンストン・チャーチルもそのひとり。彼はキューバ産の葉巻を好み、葉巻がチャーチルのトレードマークとなっていたことはご存知のとおりだ。

先進的なモジュール構造のスポーツウォッチ「ロブスト」に登場した限定モデルは、この偉大な政治家をトリビュートしている。文字盤はアイボリーで、独特の“craquelé”装飾を施している。これにより、文字盤全体がクラックの入ったようになり、独特のビンテージ感を醸し出す。シースルーバックのサファイアクリスタルには、帽子を被り、葉巻を咥えたチャーチルの横顔を模した線画が入り、ユーモラスにその人物を表現している。キューバにまつわる歴史を身近にする時計であり、親しみやすい限定モデルである。


モデル名の「ヴェロ」はスペイン語で“飛行”を意味する。センターに24時間針を搭載するGMTクロノグラフ、というと航空時計を連想させるが、このモデルは、ほかにはない味わいがある。

1940年代のクエルボ・イ・ソブリノスのスケッチからインスパイアされたデザインを取り入れ、ブルースチールの針や12、3、6、9時のインデックス書体は、大変にクラシカル。ラグには段差を入れる装飾がほどこされ、その段差はクロノグラフのプッシュピースまで連続している。ケースバックから覗くムーブメントのローターには、ハバナにあったクエルボ・イ・ソブリノス本店の金庫に刻まれたものと同じ、唐草模様の彫金がほどこされている。装飾性が高く、レトロでシックな雰囲気が強烈なのだ。

ストラップは裏材に、耐久性と着用感の高いアルカンタラを使用。第2時間帯表示機能付きの時計を求めていて、普通のデザインには飽き足らない人に、この時計はお勧めである。


腕時計の内部機構が透けて見えるシースルーモデルは、機械式時計の面白さを堪能させてくれる。ゼンマイが徐々に解け、歯車が連動して、アンクルやテンプがけなげに動いて、それに応じて針が回る。そんな様子を観察することも機械式腕時計の楽しみのひとつだ。

自動巻き式ではなく、手巻き式なので、ケースバックのメカニズムを鑑賞するときに、遮るものがなく、いちだんと深く味わえる。また文字盤や、ムーブメントの地板や受け板に施された繊細な彫金も楽しめる。その唐草模様の装飾は、かつてのクエルボ・イ・ソブリノスがキューバ・ハバナに構えた本店の金庫にほどこされていた装飾を、再現したものだ。繊細な細工によって時計界では異色のラテン系のルーツをもつことを表現し、機械式時計のもつ芸術性をも再確認させてくれる貴重なタイムピースである。


「嵌める」で価値を決める
一番常用の镶法がある:四爪密嵌める、溝嵌め、鞄などを持っている。工作機械の正確な穴あけ、また穴を研磨、モザイク師匠顕微鏡の下で、「四角素子」の方法はダイヤモンドインサート。その過程は非常にゆっくり、師匠の根気と経験を必要とし、少しの間には、やり直さ。それは、表廠の最高技術と目覚しいスタミナ、「心」を使った作品です。また、非常に多くの人の要因によって、ブランド価値、ぎり表の高い値は非常に道理のある。

 
一番常用の镶法がある:四爪密嵌める、溝嵌め、鞄などを持っている。ダイヤモンドスーパーコピー時計の保養
1 .ダイヤモンドは一定の親油性を持つ、できるだけ油脂と接触する。
2 .激しい運動に参加しない。腕時計は出荷前は厳しいテストをしていますが、激しい運動によるダイヤモンドが抜け落ち現象はしばしば発生しています。
3 .専門機関で洗浄する。ダイヤモンド時計の象眼の隙間から汚れ、時間が長くなって洗う必要があり。時計の安全に専門機関に向かう。
よんしよ.不正規のシート、あなたに買ったのドリル表上のドリルは後期にはめて、いくら品質と技術水準も大きく割引をして、だから必ず証明書を見定め元の工場ではなく、「国内の権威鑑定機構」の証明書。


スイスの贅沢な製表は、ハロルドハロルド百貨店、設計、靑ハロルド特別腕時計、限定50枚、値札6、900ユーロ、ナイツブリッジのハロルド百貨店で発売。
この腕時計直径45ミリ、シリーズの稜角ケースと円形テーブルデザイン、研磨と曳糸処理、鮮明にする。チタン金属ケースとしては両側の複合樹脂充填、より独特な多彩なデザインを実現。
靑盤面は、太陽放射の紋様、中央に分秒針。宇治の経典の融合シリーズ通常は棒形で設計して、このハロルドはあか抜けしたアラビア数字で偶数に取って代わる時、3時に位置して窓口を表示する。この腕時計は1本の藍色のゴムのバンドあるいは靑のゴムの内張りのバンドを持っていて。
ハロルド百貨男装、運動シリーズや腕時計ファッション総監Jason Broderick「ウブロコピー表で自分なりに象徴的なブランド構築、熱意と宇汽船表協力。新型の独占的な腕時計は外観が美しく、よりも宇佐見の成功の特徴と秘訣。私たちは信じ、二者が手を携えて出した初の成果は、マーク性、そして、価値のある特別な時計。」