いわゆる“かばんが男を知っているのを見る”、1人の男の押エのどんなかばんが彼の個性、品位甚だしきに至っては身分を代表することができます。今のところ男達はとっくに“かばんがすぐ容器だ”の古臭い概念を抜け出して、かばんのが全体の造型の風格と完璧でなければなりません……

いわゆる“かばんが男を知っているのを見る”、1人の男の押エのどんなかばんが彼の個性、品位甚だしきに至っては身分を代表することができます。今のところ男達はとっくに“かばんがすぐ容器だ”の古臭い概念を抜け出して、かばん全体の造型の風格と完璧によく合わなければならなくて、それが男の流行の表す第2枚の名刺ため、うっかりして、恐らくあなたのが心をこめてよく合いをすべてご破算になります。多くの職場のハンサムボーイはでも外出する第一選択としてブリーフケースを選んで、純革制の手提げかばん、更に男の流行を高めて味わうことができます。、度がある質があって、さっぱりしていて上品なのがシンプルで、現代都市の男性が求める生活の態度にあこがれたのです。


自分の好きな色を選んで、かばんの種類。これはとても重要でで、かばん服、ベルト、靴とことができて、甚だしきに至ってはスカーフあるいは髪飾りがお互いによく合うのです。だから第1歩は自分の好きな色、種類を選びます。そうとは限りません……

自分の好きな色を選んで、かばんの種類。これはとても重要でで、かばん服、ベルト、靴とことができて、甚だしきに至ってはスカーフあるいは髪飾りがお互いによく合うのです。だから第1歩は自分の好きな色、種類を選びます。あなたの現在着た服に限ってよく合いに来ますとは限らなくて、同じくあなたの買いたい服とことができて、家はあるいはすでにある服あるいはその他の東はよく合ったに来ます。男性はブランドの長幼の順序を包んでもちろんやはり(それとも)先に服を買う方がよくて、後買ってかばん。このように更に全体の効果を見やすいです。もちろんネット上で買うのがやはり(それとも)あなた現在すでにある服でよく合うべきだ良いです。その次にデザインと大きさを選ぶのです。デザインを言い出して、それなら多くなって、でもMM達は選びやすいのです。まずショルダー・バッグ、手提げかばん、ワンショルダーバッグ、両用の斜めなショルダー・バッグ、両肩のリュックサック、ウェストポーチ、胸のかばんの中のどれを選びを準備するのです。それからまた具体的な選択のその中の細部のタイプ、たとえばかばんのひもの長さ、種類の適切かどうか自分、かばんの金属が適切かどうか自分で待ちます。その後かばんの大きさを選びました。


両肩かばんは背の両肩でのリュックサックに対する総称です。両肩かばんの異なる用途によってまた分けて、両肩のコンピュータのリュックサック、両肩の運動するリュックサック、両肩のレジャーなリュックサック、両肩のかばんは口縄かばんをくくり、軍用のリュックサック、登山用バックなどと。いっしょに見てみましょう。

用途
構造、両肩の包む背中の構造は直接リュックサックの用途と等級を決定しました。ブランドのコンピュータの両肩が背中の構造を包むのはすべて比較的複雑で、最少はっきりしているエア・クッションをする6つ以上の真珠の綿あるいはEVAがあって、甚だしきに至ってはアルミニウム台がまだあります。普通な両肩は背中を包んでひとつの3のMMぐらいの真珠の綿が空気を通す板をして、最も簡単なののはリュックサックの自身の材料以外ポケットのタイプの両肩かばんをくくって、いかなる敷き金の材料がないのです。コンピュータの両肩が品質を包むのがわりに良くて、しかしデザインがより少ないです。運動する両肩がデザインの選択を包むのがわりに多くて、しかし材質の仕事の方面が普通です。流行する両の肩が容量を包むのが小さくて、しかしレディースに非公式の場所で使うように適合します。