映画の芸術の熱意がこもりに対して受けてその通りにしていて、IWCIWCの今年の第5度の手を携える北京の国際映画祭、若い世代の中国の影人にピントを合わせて、潜在能力を掘り起こす無限な中国の映画界の新鋭、4月16日~4月23日の期間行う第7期の北京国際映画祭指定政府の腕時計のブランドと政府にご就任になる時計算するパートナー、そして4月18日午後に北京でたいへんきれいなホテルは記者会見を開きました。

 

現場は展示して、技師のシリーズの時間単位の計算の腕時計を表しますモデル

今年、IWCIWCと北京の国際映画祭のは手を携えて“新しい影人の新しい影の道”をテーマにして、若い世代の映画業界の人の体でピントを合わせて、全く新しい視角から時間と芸術の米に延びて、潜在能力を掘り起こす無限な中国の映画界の新鋭。発表会の現場は特に3人の賓客を招請します――第4度の北京の国際映画祭に参加するIWCIWCのブランドの大使の周迅は、2017年のオスカーの最優秀男性のノミネートする資格がある英籍のインドの子孫の役者DevPatelを獲得して、および新生代の映画監督の曾国祥、共にこの時間と映像のを目撃証言して完璧に出会います。


オメガがとてもシリーズを奪い取るのがきっとオメガが最も代表性の時計の中の一つを備えるので、それは光り輝く業績と悠久の歴史を持ちます。第1枚として唯一の1枚の月の上でつけたことがある腕時計で、オメガはとても専門の時間単位の計算を奪い取ってその疑いをはさんだ必要がないきんでている性能に頼って宇宙の探求の史の上で重要な議席を占めるのを表して、そして“月の時計”の名誉を獲得します。今日、腕時計の家はあなたのために3つがとても腕時計を奪い取りを推薦して、私達にいっしょにそれらの風采を味わいに来ます。


本来は思って、今年BASELWORLD、比較的穏やかな1年で、落ち着いていて簡単な雰囲気の極端な2016年苦難に満ちている業界の環境で、偶然に風(さん)の浪(さん)がありますが、しかし傾向は実務に励む時計のモデルに向かって近寄るのです。しかし、展を表していて当日を始めて、腕時計の家のスイス前方チームの送り返す資料の時に、この考えはたちまちどかんと倒壊しています。今回の新作の時に計算するのは私の事前に予測したのそのように“波瀾が驚かさない”に及ばないだけでなく、道に反対していっしょにいっしょにの勢いは破竹のようなのになって大波を驚かして、毎回私のとっくに抑えつけられない激しくぶつかり合う内心をたたいています。見ていてみな驚喜して絶え間ないファイル圧縮かばん、私は接収してそれらに着く時、意外にも子供に似ていてずっと待ち望んでいるプレゼントを受け取って普通は矢も盾もたまらないで開けて、貪欲に今回のBASELWORLDを見ていて私達のまた1度の時計の盛大な宴会にあげるのがひっくり返ります。


名士は創始者“耽美主義を受けてその通りにして、ただ品質の最上の腕時計の”の格言だけを製造して、創造して品質がきんでているしかも内に派手な腕時計を集めるのに力を尽くします。名士の腕時計のシンボル的なシリーズとして、グラムのライスの麦のシリーズはきめ細かくて何度見ても飽きないで、とても人気な時計算する中の一つです。2017年SIHH、名士は何モデルのも全く新しいグラムのライスの麦のシリーズの腕時計を出して、よく人を表して価格の親民のブランドの派手な腕時計の渇望をつけるのためを満足させる、グラムのライスの麦のシリーズも時と同時に推し進めて、絶えず古きを退けて新しきを出します。今日みんなの紹介するこのモデル新しい時計算する列に向って、次にいっしょにちょっと見に来ます。