先日ちょうど過去の「双十一」、また「戦争のない平和な場」。これは女の狂喜、男の涙の一日だから、どのくらいの女の人はいったいどんな女に立っているのか。私たちは知らない。しかし彼の主演映画『功守る道』と女神王菲合唱曲「风清扬」など一连の不思議な動作に見て、私達は明らかな結論に――本当に我がものの顔に振舞う金持ち。

馬雲さんの成功は、多くの彼については個人の伝記にこの命題が千百種類に解読して、唯一の1本の馬雲直筆の公式伝記「序文を認可しこれは馬雲」で、作者は彼の友達に知り合い20年、馬雲さんは、多くの人が違った印象を受ける。またはユーモアのか、あるいは、または「猟奇、地味土豪」……でも本当のは何か様子は?ただ本当の彼と接触して、友達の人になって理解することができて。


といっても安定した社会環境の中で、文化が産むの成長機会を、今、国内では間違い五日の風枝を鳴らさず十日の天地くれを動かさず、だから、文化が極めて多元、文学靑年はここで誕生し、勝手に見てファッションの街、落書き、着連名施設計の服装、話は弁人は、本当に多くの。しかしすべての文芸の若者、すべて本当の文芸、空があることができます。は文学靑年、見てみの品位が十分文芸、もしこの表を被っている、私はそれは文芸の。
文芸というものは、何も評価の基準としてしかないので、作者、私に私の基準。すべて過ぎた文芸、それは文芸は、極端な個性と非主流、極端な口調とつむじ曲がり。文芸はもちろん自分の審美を表し、自分の価値観を、そしてその観念はわけもなく誕生は、カーネルの精神。NOMOSが好き、それを愛する装着NOMOSの人で、私は文芸のことが好きだから、永遠とは別物NOMOS腕時計、ごく簡単で、甚だしきに至ってはするのがとても薄いケースも、それは簡易なポイント、ラインと数字で表すが、それは無実、少なくとも多くの人に見ては、鑑賞の、喜びのために、今の世纪の流行に由来バウハウス設計風潮。しかしこれはまだ足りなければならないそれらを持って、装着こそ愛、ですので、もしあなたの見に着けていた一匹のNOMOS腕時計の人で、彼の心の世界はきっと豊富な、彼の審美はきっと楽。


近年、スイス高級時計ブランドブランパンBlancpain豊富なVilleret経典シリーズは、妙に腕時計を与えながら、永遠のエレガントな気質。特に近年では大火のコサージュ腕時計設計には、足が張り合いていた。令一項ごとにすべてとても良いさん新品腕時計が上品な、輝かしい気質が印象的。2017年の第45回バーゼル国際時計宝飾展で、ブランパンをVilleret経典シリーズに1項の優雅で輝く精鋼镶钻腕時計、まろやかなラインと、きれいな白い真珠母貝の文字盤は、ブランド時計の伝統的なデザインとVilleretシリーズ経典の美学の二重が現れる。
ブランドブランパン最も経典の腕時計シリーズの一つ、ブランパンVilleret経典シリーズに簡潔の純粋なラインが伝統的なタブの審美理念。その名はブランパンブランドの故郷(维勒雷(Villeret)村)。シリーズ中の時計の設計はすべて伝統の上にある。象徴ブランドの根源を体現しているブランパンの最も基本的な審美観。純粋な線、はっきり明快な文字盤と繊細な双ベゼル式ケースに加え、永遠のエレガントな気質、鮮明な個性はシリーズ構成腕時計。

ケースは29.2ミリ研磨精鋼製造して、その9.24 mm厚さ。ケースのモザイクは1列の旺盛で輝くダイヤモンド、純粋な華奢ときらめきの美を呈する。耳の上に4つの時計の上にもあるダイヤモンドは、全体的に全体性、非常にきれいです。