スイス時計の270年の歴史の証人

スイスの時計業は300年の歴史を持つ古い伝統を持っている。表業はスイス国家の象徴であるが、歴史の流れに残っている古い表のブランドは多くない。世紀の70年代には、スイスの表業を襲った嵐が、低コストで製造された日本の水晶時計の大面積の市場を普及させ、業界全体を深刻に破壊した。は10年の時間の中で、スイスタブから労働者の数きゅうじゅう万まで下がっさんじゅう万、スイス伝統の代表として時計精密技術の手作り機械表制作を受けた未曾有の厳しいテスト、百軒スイス伝統タブシャッフル工場はこの場に脱退した歴史の舞台。
この前、1735年誕生は世界初の表のブランド宝柏表(Blancpain)スイス町Le Brassus開催の270歳の誕生日パーティー。その発展の270年長い歳月の中で、ずっと最も復雑な時計制作精密シリーズはスイスLe Brassusの制作工房親しまれて工場を腕時計、腕時計はずっと制作業の象徴。この工場はラインの生産設備のプロとしてのタブ工場とあれらの好きで同じ時間内に足を踏み入れる広範なスタイル雪と墨時計工場、機械製造の高級時計の企業にとって、それが背負った使命と製造工程クオーツの企業よりもっと復雑。
伝統を持つ忠実は270年の歴史のブランドが艱難誇りのやり方で、1匹が200年前と同じように、初めから終わりまでは単独の時計職人としての腕時計を代表している技術の発展だけではなくて、また含まれている歴史の重みと落ち着いている。本当に理解に機械表の人にとって、1匹のかぎから部位、バイパス、ムーブメント盤と車輪で極めて苦労の手作りして使用する材料や、芸能や道具もかなり以前から発展してきた腕時計が代表してこそ、真の永久不変のファッション。