復古味品鉴ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計

第一次世界大戦後、男たちは実用的な考えから、懐中時計を放棄して腕時計をつけた。表師は最初は懐中時計のケースの両側にアーチ形をして、裏からバンドを入れて、腕につけられる腕時計を作ります。ティソ懐かしいクラシックシリーズは、このレトロな作り方を採用しており、その時代の腕時計の特徴を再現している。今日は彼氏を例として、一緒に楽しみます。
腕時計の創作のインスピレーションは1936年のティソ腕時計で、腕時計のデザインはレトロな要素を持っている。腕時計は直径45ミリ、厚さは12.98ミリ。腕時計は白い文字盤、中央部分はグレーデザイン、6時位置には小秒盤、12時位置にティソのブランドマークが刻まれている。盤面アウトコースは古いレール式時間表示、取り組みブレゲ式アラビア数字スタイルの数字に標的を見せ、濃厚なレトロ感覚。

ケースを採用し316L精鋼材質表面研磨に磨きを製造して、処理、金属特有の光沢を放つ。側面からケースの底にスイッチ装置が設置されており、一覧内部のムーブメントの美しさを開くことができます。