シチズンCITIZEN光エネルギー登山の動力新しい表舞台

登山の史の上で第一位は世界徴服の最高峰エベレストの女性登山者-田部井さん淳子かつて格言:「どうもんな山も一歩一歩」、この意代表説明徴服どこも山岳、徐々に落ち着いて。この哲学、きっとCITIZEN PROMASTERでカウントダウンずっと固体応戦地表厳しい環境技術をリードして試練、限界腕時計入ろう新境地の最優秀描写。2013年にスイスBASEL表展異彩を放つCITIZEN PromasterエコドライブAltichron-Cirrus光エネルギー旗艦登山表、同様に命名して、CITIZEN日本本社に設計経理-井上英樹さんは、一万メートルからの流れ雲線感、連れてこの最新作の設計の中で。挟带が検出じゅう、000メートル、高さ300メートルの深さとコンパスなどの機能を博するため、新作「史上初の美学のデザインコンセプトの光エネルギーを持つ登山表」といわれる。

CITIZEN PromasterエコドライブAltichron-Cirrus光エネルギー旗艦登山表項(BN4034-01E限定モデル)

CITIZEN PromasterエコドライブAltichron-Cirrus光エネルギー旗艦登山表項(BN4035-08E)

CIRRUS(絹雲)は、分布は対流圏中最高も、ラインをすっきり感が最も雲の種。もし靑空はキャンバス、そんなに絹雲千のライン、まるで果てしない空に一番さわやかな、幅広いの一種の筆緻。宇宙からの視野で観察を通して、雲の流れのように息づい感、地球のような象徴意涵。このイメージにより洗練された美学ラインを演じ、エコドライブALTICHRON-CIRRUS光エネルギー旗艦登山表項の流線感を余すところなく出現。透過デザイナー井上英樹さんが語る出この大作のデザイン理念、想像にかたくないこの表の2013年スイス風靡しBASEL表展の原因。