シチズン時計はほとんどの専門用語をまとめA-Z

目覚まし時計が鳴ってケースには二つの表の冠、片方が設定する時間が、その時は1本が、高速振動の小鎚鳴らす注意ケースの後はもう時間Antimagnetic(Antimagn E tique / Antimagnetisch / Antimagnetico)耐磁機械表ムーブメント最も重な機関は摆轮糸遊システム、それ磁気の影響を受けて必ず発生時の誤差、人々の早いときから解決の方法を探して、現在使われているのは非磁性の摆轮と糸遊、それらはそれぞれ採用ベリリウムの靑銅とニッケル合金などで作られ、反磁性の性能を持つ。一般耐磁の標準は4800A / m Applique(Applique / Auflage / Aplique)はめ字ブロック用金属プレスの目盛りのマークは、主要なリベット接合ダイヤルにAssemble(Remonter / Zusammensetzen / Montar)組立時計をムーブメントの様々な部品を組み合わせる工程Atmos(Atmos / Atmos / Atmós)空気鐘1928年、技師Jean-L on Reutter Eを発明した空気動力で駆動の時計、その原理は完全に密封容器内にガスによって、温度の変化によるガスの膨張収縮、または発生続く動力、摂氏じゅうご—さんじゅう度の範囲の内でさえすれば、一度の変化が提供する48時間の運行のエネルギーAmplitude(Amplitude / Schwingungsweite / Amplitud振り子時計)絵摆轮回転角度の大きさは間.Automatic(Automatique / Automatisch / Automだけを頼りにtico)自動人体腕の活動で、内蔵時計バネムーブメントの自動装置を締めるAutomation(Automation / Automation / Automación)自動人形が違ってくるアクションの自動人形、早期時計制作の中でよく、主は、機械の動力源を通じて、精密な伝動機構として完成.