美しい腕時計、どれだけ面白い魂を配しますか?

私を覚えているこの間書いて女子学生は金をどのようにやっと自由に財務宝飾腕時計、ある人は私に教えて「ウサギのプライベート姉洞察、心に私は毎回○○ものとなるので、旦那さんの食事を貶め、安っぽく、そして是非紹介してくれよう私は根本的に覚えられないムーブメント」。

昨日の夜、資料を整理した時も、長いこと考えて、「富が一定の程度に到達したときだけに、ある製品が本当に美しいのか」というコメントを書いた。

この“美しい”は純粋な顔の値で、性の値を計算しないで、財布に引きずられない。

だから今日ウサギは3つのブランドを選んで、価格を強調しないで、ただ私たちに設計の本源に戻ります。

―ブルガリ

たくさん覚えている年前、私にひとつの目ブルガリパンパン、宝石、値段は安くはない、心の痛みを「このお金はなんで買わない時価格より高いですか?」その後、残酷な現実は、「貧乏」だけを考えると、それは、財産を支配することによって制限されていることがわかる。

だから、私は純粋な鑑賞の観点からはこれらの表を覚えていブルガリホールに入る時、第一の反応は急いでしごくまくり上げてみて、さっそくを、おそらくあの時、多くの女性に代表に真珠や宝石で飾りたてた本能的な感じ。

ブルガリバーゼル話題はずっと大きく、昨年に亦凡舒淇呉、今年は。