ロレックスしか上がりません。いや、万国のポルノ計も上がった……

事は遅らせずに本題に入る。時計市場の兄弟を熟知しているが、すでに発見されたかもしれないが、先日は万国のポルトガルの相場が上昇し始めた。ロレックス、ダブルスのいくつかの表相場が上がったように、兄弟たちは見慣れていない。労とPPのほかに、他の主流ブランドの腕時計は、一般的に相場が安定していて、明らかな波動が少ない。万国のポルノ計はしばらく前から、相場が明らかに高くなり、ちょっと不思議だと思います。

ポルノ計は一貫して万国の人気モデルである。

なぜポルノ計が高いのか?

労、ヨーロッパを除いて、兄弟たちが一番多い時計を買ったはずです。万国の比較的歩く量の表は、2種類に分けられます。一つは、通用の機軸を使った表で、一つは万国自産の機軸を使った時計です。例えばマルク、プラネフィノ赤60、ポルノ計、飛ぶ計などを外注で購入する。万国自産の機軸の表、例えば大飛、ポルノ7、プラネフィノ8日チェーンなど。したがって、我々は、いくつかのいくつかの国際的な購入の共通の機械のコアを使用することができます。

だから、兄弟たちが普段表を買うときに、一つのことが起こりやすいのです。万国自産7日のチェーン、8日のチェーンコアの表は、価格も高いので、ちょっと難しいと思います。万国7日のチェーン、8日のチェーンの大きさが非常に大きいので、大飛翔、ポルノ7の口径は大きく、表も厚いし、兄弟でも受け入れられるわけではありません。共通の機械のコアを購入した万国表は、価格が比較的低く、手に入れやすいが、マークやプラザ60のような3針表で、ある兄弟は盤面が簡単で複雑に見えない。しかし、ポルトガルはちょうど中間位置にあって、手に入れるのは難しくないし、サイズも適当で、顔の値が非常に高く、高級感が強い。