今年、私が買いたい時計は、ここです

去年のバーゼル展を覚えていて、私はとても面白いシャネルJ 12を見ました。それは、Coroシャネル本人が指針にされたその塊で、中国は5万元余りです。

そろそろ中国の前売りの最終盤になって、私は携帯を手に取って、1万元前払いをしたとき、頭の中に大きな字が出てきた。

ためらって、更新して、売り切れました。

一年が過ぎて、私は時々この時計やおととしのロレックスナスを思い出す。そこで、今年のバーゼル展で、私は自分に1つの小さな目標を与えました:10万以上のことを繰り返して、5万以内はすぐに断固としています。

だから、目つきを確認して、オリアの豪利な時の懐に入って、一体どれを見込んだかというと、ウサギはみんなに人気商品を見せてもらいましょう。

待ち望んだ青銅のカウントダウン

豪利といえば、4年前、展示台を通って回っていましたが、ここ数年、急に爆発しました。特に2016年のCarlブラザーズ限定版青銅表が出てきて、忘れてしまいました。