11個の選腕時計の究極の秘籍はこれ!表友が目を直呼して必ず見る!

もしあなたも自分の腕時計を買いたいなら、これらのことは前もって知っておいたほうがいいです。腕時計は腕の大きさにふさわしいからです。腕や手のひらが大きすぎると、より大きく、より厚い表盤を選びましょう。小さい(あるいは非常に細い)腕時計はとても精巧で、精巧で、しかしあまりにも正式なので、カジュアルな服装に合わない。大きさ(またはスタイル複雑)の腕時計は実用的なように見えるが、勝手なので、正装には合わない。

理想的な状況の下で、あなたはいつもの腕時計を見つけることができます。どのような服装と組み合わせて、どんな場で身につけても十分に得られるように見えます。私はそのスタイルの簡素な経典を買うことを提案して、このような腕時計はあなたの着ることと衝突しないで、毎日それをかぶっても飽きることはできません。中性色の表盤、装飾(または「機能」、タイマー、コード)が簡単で、時間を見るのも簡単です。1つの簡単な表冠(時間調節のために使用)、明るい面の金属あるいは皮(あるいはワニの皮)の表帯を組み合わせて、あなたはまた他の材質の腕時計帯を交換することができます(たとえば夏にロングテープに交換して、秋はエセリンの表帯に変わります)。私が初めて腕時計を買った時は値段はあまり良くないと感じましたが、五年後、私は毎日この時計をつけています。