国際的な有名な時計の芸術のマスター

スイス、ドイツ、フランスで多国文字で出版された大型時計の典籍「20世紀の時計百年発展の歴史WRISTWATCH:ヒストリーOF AセンターRYS PUElopel」に紹介された唯一の東方製表のマスターである。ジュネーヴの国際権威のある時計の創作人は「独立時計師協会」(略称:A . H . C . I .)世界各国の合計数十名が「国際トップ時計のマスター」の中で唯一のアジア籍の会員であり、スイス、アメリカ、イギリスの骨董時計収蔵家協会のベテラン会員であり、中国国家の時限機器史学会の副理である事が長い。

1946年に中国の江蘇省蘇州市に生まれ、芸術的な雰囲気のある家庭に生まれた。大羽自若受襲家学、その7歳の時の金石彫刻作品は、中華人民共和国全国科学技術展覧会優秀賞を受賞し、1967年21歳になると、主にモデルを含めた計三十数副章鋼製の鋳型を手にしたものである。(当時、この仕事に適任した全中国の最年少の鋼型彫刻師の一人である)は1970年23歳で、独学の基礎の上で、独自に創造された工芸を駆使して、手作りの手で作ったのは、全中国初の「主挟板」でもない。業界を作る。1978年に開発された「無叉捕り」の製造に成功したのは、アジアの時計発展史の中で初めて。1980年に香港に移住し、「天儀軒」を開設してから次第に骨董表の収集、鑑定、修復、貿易などの方面で成功して、朝夕は各式の骨董時計と現代の名表に対して、その広さを博読させて、数百年の時計の発展の源になって、ついに20世紀の90年代から、現代の時計を創造しました歴史の奇跡は、中国の特色を持つ最も高級な機械時計を作ることになった。

20世紀の90年代初めに、「中国人は時計史を創始した。中国古代の5大発明の一つである」と世界初の提唱に掲げ、欧米諸国、日本、中国大陸、台湾、香港などの地域で講演、宣伝をし、国際科学技術界と時計界の普遍的な認めを受けている。深遠になる。