未来あなた達によります、若い人

毛主席はこのようにひと言で言うと“青年を言ったことがあって朝の8時か9時ごろの時計の太陽で、あなた達の体で”を託しを望んで、たとえ今日にとしても、この話は依然として昔の不変の真理です。“若いがの資本だ”はもともとこの話の意味は、若い人がたくさんの時間がまだあって金銭の浪費に用いることができて、しかし今この話は理解“このように私の若い私がお金がまだあることができって、私はあなた達のこれらの中年の人の牛に比べてつきます”。表すこの事の上で買って、多くの人は中年人材が金があって消費に行く資本があると思います。しかしここ数年来の消費のリポート中で表示して、若い人は次第に贅沢品、時計の消費する主力軍になります。

深セン時間文化週間の会場の現場の本番

今日“若い人”を単になぜ提げてくる討論するのか、つい最近深センでの時間文化週間の上にするためで、私達は多くの時計のブランドが次第に年軽群体を重視するのを始めるのを発見して、若い人の消費の属性とレベルに対していくつかの的確な製品を出しにも行きます。どうして?私はこの解答を探し出しを試みます。

時間文化週間に開幕して深セン市の時計の業界力を合わせる会長の朱舜華が挨拶するのができます

第1期の深セン時間文化週間“流行のアイデアの文化”をテーマにして、私達は知っていて、“流行”のを消費したくて、若い人はその中の1つの重要な群体で、これはその一としてです。“流行”を1つのテーマとして重視に行って、深セン時間文化週間、だのは甚だしきに至っては中国の時計のブランドが若い市場の重要性を意識するのです。知っていて、深セン時間文化週間の時、第29期の中国(深セン)の国際時計の展也は会議・展示センターでも期限どおりにします。時間文化週間が実はひとつのがもっと多い人に国がブランドを表しを理解させるのだ、単独で表を作成する人、表を作成する技巧など時計とと関係がある各方面の盛大なイベント。