優雅精致卓越性能品鑑ブレゲのすばらしい複雑なシリーズの5367超薄陀はずみ車のプラチナの金の腕時計

時計の史の最も傑出している発明の中の一つ便は複雑な陀はずみ車で、その出現が大いに高まっただけではない時計算する精密で正確な度、その上また(まだ)機械的な時計の製造技術の中の最高水準を代表して、感嘆させられます。陀はずみ車の発明者として、2013年にスイス高級時計ブランドブレゲ(Breguet)はクラシックのシリーズの5377腕時計を出しのでことがあって、巧みに結んでブランドのすばらしい外形を先進的な技術と解け合って、最も傑出している時計の技術に向って敬意を表します。2018年、ブランドは再度眼光を設計するのを投じて陀はずみ車の中で行って、ブレゲのすばらしくて複雑なシリーズの5367超薄陀はずみ車の腕時計を出して、特殊な“大きい見える火”のエナメルの技術をその中に溶け込んで、卓性能を超えるのを優雅な外観と互いに結合して、内外は兼ねて修理して、人に深い印象を残します。
この腕時計はブレゲのすばらしくて複雑なシリーズの中で、第一モデルが搭載して“大きい見える火”のエナメル皿の時計のモデルがいて、そして陀はずみ車を純粋に完璧にその上でで最も現在、シンプルで精致なの、矛先に演繹します。2013年出す5377モデルの腕時計と比較して、新作の腕時計は動力を搭載していないで表示機能を備蓄して、更にシンプルに見えて、藍鋼ブレゲのポインターに真っ白い傷がないエナメルの時計の文字盤と鮮明な対比を形成させて、時計の針に分針の位置と更にはっきりしてい読みやすいです。それ以外に、ブレゲはまた(まだ)手作業の面取りの装飾する陀はずみ車で橋上を表して精巧で美しい宝石を象眼して、時計の文字盤の要素のの眼の玉を書き入れたのがみごとなことをはっきりと示します。