サイドオープンの腕時計のブランドは推薦します

サイドオープンの腕時計のブランドは推薦します
バセロン・コンスタンチンのプラチナの金のサイドオープンの3は腕時計を聞きます
バセロン・コンスタンチンは高の複雑な腕時計の技術について1部の絶え間なく流れる講談で、簡単にから複雑ですまで(に)、かならず多くの種類の表を作成する技術を結び付けて全身でVC一族の要求に合いますと言えます。この全世界は制限して15匹の細かくて薄いプラチナの金のサイドオープンの3を発売して時計を聞いて、収集家達を殺到させます。サイドオープンが一部を飾るのは職人達知恵の結晶のとても良い振る舞いで、時計の文字盤の上の彫り、図の紋様私達を通してはっきり内部のチップの運行を見ることができて、サイドオープンの装飾の絶対に完璧なのを保証するため、表を作成する職人の手の虫めがねは着いてたとえ髪の毛の糸のDの太さの金属の部位しかないとしてもを検査します。直径の37ミリメートルの表す殻は稀有な950プラチナの金から製造してなって、1720年の発明するALL―OR―NOTHING機械技術を採用して、3が時計に機能を打ちを正確に運行する聞きを保証して、1755型のチップの中で2つの手製で製造する時間を知らせる金槌の音調の差は5度しかなくて、時間を知らせる音は低く沈んでいてまろやかで潤いがあります。
瑞宝祥と竜の盤竜の透かし彫りの腕時計
この時計の第1印象を見て、4つの字です:“横暴に現れます。”分からないのはサイドオープンがみずちの勇猛なのを成し遂げてやはり(それとも)みずちと透かし彫りの設計のが完璧に解け合ってこの気位の意気が奮い立つ男性の時計を作り上げたのです。”はレース以前に“すべて決してしなやかで美しいでありません。