雪の鉄の刺し縫いする藍(さん)のウミガメとハミルトンの赤い潜水作業員の間、どうして選ぶべきですか?

ここは腕時計の疑問を解決する欄で、広大な時計の友達のために困惑を解決します!小さく編んで定期的に選び取る代表性の問題があって、答えて発表を行いを行います。
聞きます:雪の鉄の刺し縫いする藍(さん)のウミガメとハミルトンの赤い潜水作業員の間でからみ合って、どうして選ぶべきですか?
答えます:自分のに適合するのは最も良いです
このチップはすべてたいして違わないで、自分の目の縁が選んでを見ます。その他にやはり(それとも)やっと良い、のの他の人の見方重要ではないこと、を少しつけるのを試みてすべて自分でつけている適切で本当だ。快適で適度なのにとって、小さく大いに小道の快適で適度に良いのを表すよりずっと小道のを表して、新しい潜水作業員の46CMの時計の文字盤は比較的わりに大きいに比べて、体つきの比較的堅強な紳士に適合します。
米国軍があって歴史の漢のミルトンを表して、いくらかは米国の特有な硬骨漢の風格を持っています。腕時計は情熱の赤色を主なにします!腕時計のメインのは“深く潜む”で、腕時計の防水の深さは100巴に達することができて、1000mで、これも普通のダイビングの腕時計の中であまりよくないです。
雪の鉄が刺し縫いしてちょうど中国に入る時、その潜む水道のメーターの地位は少しもオメガに劣りません。その時計はだけある“ウミガメ”の図案を背負って、同じく人に深くしっかり覚えられて、そして個が少し笑わせる愛称を現しがあります――“小さいウミガメ”。今日の雪の鉄が刺し縫いして改革開放の初めがない時競争力がそのようにあったが、しかしそのスポーツがやはり(それとも)したのを表すのがとても良いです。