シンプルなクラシック品鑑IWCIWCの柏の大波のフィノの“150周年”の特別な版の腕時計

IWCIWCの柏の大波のフィノのシリーズのシンプルで、すばらしい外形、優雅な内に集めます。それは簡潔にあまり複雑でない腕時計機能と、万国のブランドの中で入門する基礎と言えます。もしも万国の世界に入りたくて、柏の大波のフィノ最も手に入れやすいデザイン。
柏の大波のフィノの設計の出所は最初1953年までさかのぼることができて、当時の1の380だけ型のデザイン、簡単な大の3針、半分涙は式の表す耳を垂らして、便は1984年の柏の大波のフィノのシリーズの正式に発表する前身です。30数年来、柏の大波のフィノのシリーズはずっと万国の腕時計のシリーズの中で1番広く好感の時計の中の一つを受けるのです。今年、正にIWCIWCの創立150周年で、万国も柏の大波のフィノのシリーズの“150周年”の特別な版の3モデルの異なる機能、材質、色の腕時計を出しました。
これはその中の1枚の柏の大波のフィノの自動腕時計の“150周年”の特別な版(型番:IW356519)で、それはただ期日の表示機能だけを搭載して、“大きい3針”は指示して、シンプルで気前が良いです。腕時計は40ミリメートルの細かくて薄くて精密な鋼の殻、白色を表す明るい漆の時計の文字盤、藍鋼のポインターを採用しました。腕時計は万国の35111を搭載して自動的に鎖のチップに行きます。
2段の操作は冠を表して、1段の調子の学校の期日、2はさえぎって学校の時間を加減して、殻を表すのが比較的薄いため、だから操作し始めるのが比較的便利です。
黒色のワニの皮バンド、1枚のベルトバックルによく合って、私個人は比較的ベルトバックルが好きで、表してボタンの長い時間で使った前提の下で緩くなりを折り畳みます。