相手とRMがジュネーブの時計展から退出するのが好きで、未来腕時計を買ってどこに行って新型を見ますか?

7月末を継いで、スウォッチグループが来年のバーゼルの時計の真珠や宝石展から退出したのを宣言した後に、この2日間にまた重量級の情報、AP(愛相手)とRM(Richard がありますMille)同じく2020年から宣言して、SIHHジュネーブ高級時計サロンから退出します。
APはその政府のが述べる中で言及して、2019年は相手が最後にSIHHジュネーブの高級の時計展に参加するのが好きなのであるでしょう、19年の協同関係を終えます。この家族企業も特に言及して、未来商業モデルを引き続き革新するのを望んで、全世界の客と更に直接な交流を創造することができます。
RMの態度ももたいへん誠意があって、協力したの終わりに対して遺憾の意を表わして、しかしも明確に“引き続き展示に参加する”がすでにもうブランドに合って独占的で、精選が策略を売りに分けなかったにの言及しました。
実は大部分のウリを食べる消費者(特に金を使うまばたきをしないウサギの粉)にとって、このような業界性の事件多すぎる関心を展覧します。しかし私達は少し考える必要があって、未来の新型の情報はどこから得ます。

先にしごいてぐいっと展の歴史を表しに来て、現在のところの時計界の2大展は1月SIHHです――ジュネーブ高級時計サロン(暦峰グループをエリートにする)、3月Baselworldと――バーゼルの時計の真珠や宝石展は(スウォッチグループ人の多い勢いが重くて、ロレックスはパテック・フィリップと同時に陣頭指揮をとって、もちろんLVMHの何人(か)の大きい人)がまだいます。その中のバーゼル展はすでに百年を過ごして、時代の変遷を目撃証言しました。

しかし実はあるのが一番早くて、小屋を表して1つのバーゼル展しかなくて、みんなは遠路はるばるすべてそこを走って新製品を展示しなければなりません。

1991年、カルティエはジュネーブに家出して、SIHHを創立しました。しかしその時、暦峰グループ所属まだそんなに多くない硬い贅沢なブランド、カルティエに同伴して戦う老従業員ダンヒル、モンブランなどがしかありません。

それから言うことができて、タバコの商売のやり始める暦峰グループをして儲けてくるお金によっていて、一つ又一つのブランドを買って、今日の十分な実力があります。

たとえば、1996年、スイスブランドバセロン・コンスタンチンは繰り入れて峰を経過します;1997年、イタリアのブランドの盛んな刺し縫いする海は加入します;2000年に一気に3つのブランド、ジャガー・ルクルト、IWC万国とランゲを受け取りました;2001年にフランスの真珠や宝石のブランドの古代インドのグラムの上品な宝(分3回が株式を受け取り終わる)を買い付けます;2008年に単独で表を作成するブランドのロジャーとヤマナシの相手の(3年度続々と完成が買い付けるだ)を受け取りました……