骨董を買って表して重点を点検します

時計は人類の科学技術の進歩のもとの産物です。もしも精密な設備と一流な人材がいないで、のは造り出して生命力の表す芯があるのであることができません。初期の各大時計工場、みんなペンの資金を投じて正確で丈夫な専用の時計の芯を研究開発して、だから各大時計工場のチップは全て自分の独特な設計の風格があって、子の肖其の父のようで、だから血縁関係のがあるためです。

骨董を買って点検して重点的に次の通りなことを表します:

1照合もと工場はこのチップを生産するのがいるかどうか?

2のその板の道の風格は否定するのに対してですか?

3がチップを観察するのはひどく酸化してさびて、スカッフィングであることがありますか?

4機械板の上の小さいボルトは不足するかどうか?

5は2、3の周のぜんまいを回転して、調べてまっすぐで、反対で、左、右、上、下等で異なる方位で表して、行くかどうか?

6が点検して車輪の本当の丸さとレベルを並べる正常かどうか?

7は車輪の何度も揺れ動く力の道を並べて、理想的かどうか?

8がきついぜんまいの過程を回転するのは順調かどうか?

9はぜんまいの時出した音の大きさを回転して、その設計とと関係があります、チップの優劣と、決して絶対的な関係がない。

10は頭を引き出して、時計の針を一サークルに回転して、また時の分針の位置を点検するのが正しいかどうか?