オフィチーネ・パネライ時計を新たにRadiomir 1940さんdays–47 mmさん日動力貯蔵腕時計「Paneristi Forever」、お祝いのブランドと最も忠実支持者の間の長年の関係。新しい時計を特別版を採用し、そのRadiomir 1940ケースを覆DLCコーティングの精鋼材質、背面に刻まれForever」「Paneristi。オフィチーネ・パネライ時計この枚はすべてに捧げて熱心にブランドのファン、特に過去じゅうさん年毎日www.paneristi.comサイトに積極的に参加しコミュニティインタラクティブの家で。

2000年きゅう、く月、1位からの支持者イギリスブランドを創立しましたwww.paneristi.com、熱愛オフィチーネ・パネライ時計の愛好家達は初めて見つけ理想のプラットフォームを分かち合うこと、いい直抒己见情熱。これから、ウェブサイトは数千人の専門家を集めてきました。彼らが参加したのは、このプラットフォームが自発的に最も注目されている腕時計ブランドのインタラクティブコミュニティの一つになりました。毎月数百万人がウェブサイトを閲覧したり、自分の話や写真、情報を共有したり、質問や解答をしたりしています。ウェブサイトの掲示板は現在、ブランドの管理者によって運営され、世界的なファンにも注目されている。

新しいRadiomir 3 days–47 mm 1940 3日動力貯蔵腕時計「Paneristi Forever」所属の特別版で、500枚限定生産、レトロなデザインの源はオフィチーネ・パネライ歴史の中の多くの細部の特色を表。そのRadiomir 1940ケースデザインで、歴史上Radiomirに移行するLuminor時期が同じの形で、直径も踏襲1936年オフィチーネ・パネライ、初の試作品の47 mm規格。Radiomir 1940ケース初外層経DLC(倣ドリル結晶炭素)コーティングの精鋼材質、外観が黒いつや消し効果。黒の表盤は「サンドイッチ式」の構造を採用しており、ラインはシンプルで簡潔である。九時位置の小さい秒盤、6時位置に刻まれてスロー魚雷レリーフ図案、表示昔イタリア海軍装着オフィチーネ・パネライ時計機器やそれを乗せて勇敢に襲われた歴史。腕時計ブランドをしっかりと守っての伝統的な標準を確保するため、頑丈であると最高視認性。


スイスモンブラン会社最新アルバム時間行者世界時間限定版腕時計、あわせて2バージョン:18 kバラの金、精鋼二色時計の鎖(公式モデル110323)とブラックベルトバックルステンレス表(公式モデル110324)。

この腕時計中国市場をターゲットにされななしち時位置に「チャイナEdition」、文字盤の中心を中国の地図の図形、ダイヤルの中の部分に位置して色を「中国紅」。

腕時計は42ミリの表殻直径、厚さ12ミリ。ケース素材を18バラの金とステンレス。防水は30メートルです。

ミラー水晶表ミラー保護の銀色の表盤を防ぎ、金めっきのアラビア時間目盛りと白発光コーティングを備えた場合。表盤には24都市の名前が表示されている。

腕時計の内部に搭載スイス自動ムーブメントのモンブランMB4810(ベースムーブメントエタ)、21宝石、振動週波数毎時間28、800回、42時間パワーリザーブは、時間、分、秒、日付とワールドタイム機能。


1964年に開催されたルノー飛行大会、パイロットは高性能の飛行機の中で展示がずば抜けて運転技術; Swiss Air Racingチームは2010年が初参加したアメリカネバダ州のルノー飛行大会、書いて歴史の一ページ。Swiss Air RacingチームのパイロットDon Vito Wypraechtiger、更に1位このイベントの参加資格を取得スイス籍選手、初出場が取得Renoゴールド大会準優勝の成績。2012年に彼は個人賞を取得していないが、Swiss Air Racingチームは年度の最優秀賞獲得チーム。

表を刻んだ「ORIS Air Racingチームマーク」と限定番号

ORIS Air Racing第三代限定表のスポットライトは、紅白ゼブラストライプデザインの分針、その設計からインスピレーションを飛行機の速度制限指針計器板。この独特の、明確な指針、パイロットを迅速に留意分されて判別飛行時間で、この時にVFR(有視界飛行ルールナビゲーション)飛行中にはとても重要な鍵となる。黒いDLCコーティングのBC3ケース、組み合わせの紡績バンドや一目瞭然分針、VFRパイロット最高の腕時計。腕時計は全世界限定1 , 000枚で、飛行羅針盤のある独特の時計を飾ります。空に徴服の飛行愛好家を誌し、ORIS Air Racing第三代限定表は必須のコレクション。


夏の暑さを、人々は服装の選択の上で、普通の明るい色の多い、濃い色の服と吸熱が、悪辣な日光は明るい色に見える、清涼なので、今日もと分かち合っていくつかの「涼」腕時計、美しいと実用に基づいて、今日の推薦でしょう、みんな好きな希望。
このカルティエ藍風船腕時計、直径33mmを採用し、精鋼ケースとシンボル性の溝式表冠、非常にシンプルなコーディネート大気、白い皮質バンドだけでなく、暑い夏にさわやかな感じ、そしてあわせやすく服飾。カルティエブルー風船シリーズは、上品で繊細で有名で、そのマーク的なデザインで、シンプルに個性がある。腕時計は石英のコアを採用し、30メートルの防水を持ち、重さが軽く、調節に便利な女性の着用に適しています。
腕時計は全体的にきれいで、シンプルなスタイルで、経典の表盤配置を採用して、3点の位置はカレンダー表示を設けて、ダイヤモンドの度に表盤を飾って、実用的で美しいこともあまりにも派手ではありません。表体精鋼素材を採用し、金を持って18 kバラ飾り、腕時計を色は単調な。暑い夏には、金属素材の腕時計を選ぶのもすっきりしており、淑女気質のスカートでもカジュアルなデニムでも自然に対応できます。


遅らせてはいけない、ずっとテーマ。いつも時計を買ったり、時計を出したりしている兄弟は知っていますが、ロレックスは何も言うことがなくて、最も主要なのが相場です。勢いのある大ヒットに追いつくと、相場は一日一変わりした。この2年間、影響ロレックス相場に変化する主な要因は、ロレックス交換の新世代ななじゅう時間動力の3235(32XXシリーズ)ムーブメントロレックス下、各シリーズの腕時計、密集して、列のモデルチェンジする。
また、いくつかの時計がありますが、私たちは漏れません。ロレックス迪通を(4130ムーブメント)、日行者(9001ムーブメント)やヨットII(4161ムーブメント)。このさんの時計は、ではないロレックス新世代32XXシリーズムーブメントが、このさん時計は、実際にはロレックス2000年以降、第1陣の使用開始ロレックス新技術のムーブメント4130、4161、9001三種ムーブメントはすべてそろって72時間程度の動力、より3235(32XX早くシリーズ)を使用した新しい技術。
ロレックスヨットII、迪通を持って、天行者このさん時計を使っても、32XXシリーズは、実際には初めての使用ロレックス新しいムーブメントの技術の腕時計。

着替え終わったばかりで、ムーブメントの新型、、きっとまだ使って相場が高く、先代3135シリーズムーブメントの型番、相場は低い(は黒鬼、緑鬼その)。私たちはいつも言う前にロレックスの新しい表が、今日私と兄弟達はまだ交換ムーブメントの「いとこ」。買う買わないから新しい旧の角度を交換3235、いくつかはまだ新しいムーブメントの労、今年は買った時は気をつけて、非常に大きな可能性があるので、ちょうど兄弟あなた買い終わって、来年替えムーブメント、この表は生産停止になった古いモデル、新旧の兄弟を気にして、心の中に確実について違和感。だから私は逐一下としても、順番にしない分(便宜上、先代ムーブメント私で3135代わりに、新世代で3235仮称)。


女の子たちはいつも人に優しくて可愛くて、小鳥のように人に寄り添うな印象ですが、過小評価もない女の子たちに強い面、彼らは想像以上に強い。今日、皆さんに適して女の子に装着運動腕時計、活力、坚朗なあなたにもっと美しく。
「からインスピレーションを水上運動の究極の運動腕時計」この潜水表全体は精制鋼材質、非常に精緻坚朗、単回転研磨や細かいスクラブベゼル、潜水運動としてカウントダウンのマークベゼル、最も活力息運動。文字盤、蛍光マークの手作りはめ貼りファ目盛、三点ポジションはカレンダー表示窓、シンプルな精緻な文字盤を更に備えて品質させて腕時計、腕時計を採用しスイス製造クォーツ、正確に女性が着用する時に便利。表の簡明で、精緻で、精鋼材質は坚朗耐久性があり、とても有能な気質装着際立たせ、女性としなやかなコントラストが、とても個性や表現とは別の性格。
ロンジン康卡斯シリーズはロンジン運動優雅な晶萃体現が、シック美感のベゼル、凸圆表冠と鎖リンク皆セラミック素材、この美しい材質は恒久の魅力と革新技術融一体。腕時計は丈夫精鋼素材製造して、全体の光沢坚朗スタイルが、とてもはっきり女性腕利きで、強い一面、自動的にムーブメントを提供することができよんじゅう時間動力を蓄え、を持ってさんじゅうメートル防水深さ。腕時計のはっきりした外観角、取り組みは精巧文字盤も番優雅な味なので、服装の選択組み合わせにも多く、比較的百搭。


今年3月のバーゼルの世界時計ジュエリー展では、1号館の二階はジュエリーの山である。ショーウインドーの中に陳列家は素晴らしい芸術品だが、かなりの部分のブランドとして、あなたはこれまで聞いたことない。

これらの比較的小さい人々の宝石のブランド、背後に大きなグループがなくて、主にヨーロッパ、中東のこれらの伝統的な成熟市場で商売をして、国際化の程度は高くありません。

私は展示室とは違う肌の色の人と話していて、中国市場という公認の肥えた肉というのはとても高くて、売り上げの少ない高級なジュエリーブランドに疑問を抱いているのではないかと思います。

幸いにも、ここには中国人が比較的よく知っているGraff。彼らの家の展示室は今年の腕時計の新作を外の領域に置いているが、宝石の作品は何歩も歩いていく必要がある。

Graffは1家が始まったのはロンドンのジュエリーメーカーは、今でも独立の家族企業、創始者はローレンス・グラフは、彼の息子のシルバ・グラーヴも家族事業における重要役をつとめる。Graffダイヤで世に名を知られ、白ドリルのほか、黄钻、粉钻、靑ドリルなども得意だ。

ローレン・斯グラーヴじゅうご歳からジュエリー業界に入って、最初はロンドン有名なジュエリー区ハットン公園施耐德工場の仕事。じゅうはち歳で自ら開く第1軒の会社、1960年に創立した、彼Graffブランド。

他の多くのジュエリーマスターと同じように、ロレンス・ゲラフはダイヤモンドにとても夢中になっていて、一番好きな格言は「近道を行かない」ということです。


よかった、友達に真珠の指輪をくれた。

友達は私の母です。今年の春節は、彼女を縛っているリボンの赤れんが色の小さな四角い箱、顔の満足にくれ。開けて見は一枚は真上ちりばめ独立大粒真珠の指輪、指輪は普通の18 k金めっき。

なんといっても、材質は広東人の精明なものを信頼していますが、デザインについては、子供のころの小さな女の子に扮装したDIYの指輪になっています。

広東人はそんなにお金があれば、どうしてDIYジュエリーが好きですか。
真ん中の指輪は作者からのプレゼントです

「これはカスタマイズ版です。あなたのおじさんと違うデザインを選んで、私のことを見せてあげます」明らかに、私の母は私に買っただけでなく、彼女にペンの大きいお金を使った。彼女の話では、商品は本物で、簡素なものがあって、しかもカスタム版は唯一無二である。

ソーシャルメディアには、何についてのダイヤの指輪は真珠の話題は、口々ににそういう観点:を買うより大物なら、ほとんどのお金を、自分より大きな穴をあけて、もっと買うの真珠、自分のしん。