この時計の造型を木地黒塗りの彩色上絵の二層楼閣。1階の真ん中をダブル針時計、書いて「乾隆年制」の钟盘に飾りを作ってしよう所特有の黄色のエナメル。钟盘上のごの巻き穴それぞれ制御機能:ご時、アラーム、紙、ドアの開閉時、楽。钟盘の左右を変動のセット箱箱の演技は、左の景のテーマは「海屋添筹」で、右景箱の演技テーマは「群仙誕生祝い」。二階をさんの家屋は、内の各1人の時報。それに、ろくさん、きゅう、く、じゅうに時、ドアが開いて、人手執鐘さん碗ゆっくりに出かけ、駅の定めた左の人は「叮」の声を出して鐘を鳴らす碗、右鐘を鳴らす碗「」の声を出して、「ドラえもん」が一度報時の鐘が鳴って、二度報2時順次、類推、報終わって四時後、中間の鐘を鳴らす碗の時報。報時完瞭、音楽、景内の活動を開始する装置。左景重い山々畳間箱に障害傲立鶴がかかっている祥雲に仙人が立ち上るよう、雲海の中一座琼楼急に浮かぶ。右景箱の扶杖寿老人が順次八仙の宝物を手向ける。楽まで、報時人退裏帰りで、ビルのドアが閉まる、景箱に各イベント装置リセット。neeu

この時計には、移動時、時報、景箱内の活動装置などを制御し、かなりの技術水準を持っている。乾隆年間、造する所に集まるしたいくつかの時計の専門知識を持つ西洋時計匠とマシニスト、この時計で体現して彼らのレベル。製作所の活計枠はこの鐘の製作時間と過程を記録して、乾隆8年12月から14年の正月に完成して完成して、5年以上経った。


香港中環の金宝シートは、表のファンにスーパー名店。
金宝の創始者陈鹏飞さんも、桃李言わざれども下自ら蹊を成す表壇。
聞いて飛(下の世代のまだと陳さんは兄弟のようにつきあうのに至って、唯その免俗)は表壇の発展を説明した、尤以上の最も真実な課。

飛は1940年に本格進出表行の。これこそ腕時計から脱出した袋の表の影に急上升の黄金時代。言うことができて、このろくじゅう年以上の日の中で、証人表壇の盛衰も、この業界の中で重要な地位を得る。
「今日の表、進歩が大きい。「飛説。「造型ラインから磨き飾りは、生まれ変わり。「この証言、本誌主筆と雲の腕時計は実用品から進化の芸術品の言い方が重なる。

滄桑の変、飛表壇の形容。は戦後以来専門代行時計の太平洋行、その士洋行や大昌行など、基本的にはもう完全に離れた表壇。是非に及ばない;癩者の瘡恨み、人の世は永遠の隆盛。上手な点は、この数年当時の大洋行がある一定の業務は、多くの外資华资大会社はすでに歴史になる大往生。

小売店も実はそう。以前の香港名店亨得利など李占記など、そういえば「白頭娘たちと玄宗」のすすり泣く。殘りわずかののは十数年前、たぶん钟泳麟よく冯良を覚えたの。


皆さんの愛に表の友達はきっと知っている「万年暦Perpetual Calendar」これは腕時計に象徴が高い
枠タブ工芸の機能の名詞、しかしあなた達はこの名詞の由来を知っているか?それはなぜという百カレンダー、
千カレンダー?実はこれは故事物語から、大昔の西週といえば……有名木こり唤做万年
ある日、彼は山へ柴刈りに、切って座って木の下で休む。彼は目を眺めている樹影うっとりと心の中で思ったのは、やはり
どのように季節のことをきっと。ついた大半の時、彼はやっと発見地に影はそっと移動
方位。万年をと思ったら、利用日影の長さの計算の時間ですか?家に帰った後に、万年
は設計した」「日時計計。しかし、一度に陰雨、日時計計を失った効用。ある日、
万年での泉の水を飲んで、見える崖の上の水はリズムがあるたらたら、規則のしずくがまた彼の霊感インスピレーションを得た
。帰宅後、万年からやり始めた5階建ての漏れ、水漏れの方法を利用してカウントダウン。そんなこと、
天候も正確に把握し、時間。カウントダウンの道具があった、万年より心の観察日
季節の変化させる。長期にまとめて、彼は発見して、三百六十多日ごとに、天の時の長さが繰り返し
一度。ただはっきり日月運行の規則、心配しなくても季節は狂った。万年は自作の日時計
器と水漏にまみえる天子祖乙説明は、季節と天神掛も構いもなし。祖乙と万年の言うとても
理屈では万年を殘し、天壇前カバーから日時計台、漏れ亭、また派十二の童子差遣して万年
。それ以来、万年が意を得ず意を用いる旬の研究。