今年一番の映画といえば、もちろん漫威の10年のレイアウトで、「復讐者連盟3――無限戦争」になった。

この有史以来、最も売れているスーパーヒーロー映画は、最初から尾まで燃えているということです。しかし意外なことに、映画は意外にも「Happy Eding」の通常操作で、スーパーヒーローが全滅し、反派BOSS(滅覇)を身につけ、落日の光の下で無敵がどんなに寂しいシーンで幕を閉じているのかと感慨深い。

特に私たちが自分の豆を目撃して灰になっているのを目の当たりにしていると、心の中ではもう声にならないだろう。

しかし、あまりにも悲しまなければならない。来年公開の『復聯4』では、正派が必ず逆襲し、絶大な反撃を行う。また、近近の漫威片場で流出した様々なニュースを見てみると、その滅びに打ち明けて秒殺しをされたスーパーヒーローたちも、血をいっぱい復活させる機会があった。

ある人は聞くことができて、すべて灰になってまだどのように復活しますか?答えは、「時間線」という三つの字の中に隠されている。

大量科(漫)学(威)家(粉)研究によると、現在少なくとも3つの方法は、復聯の英雄たちを過去にタイムスリップし、発生した悲劇を逆転させることができる。その1は時間の宝石(6つの無限の宝石の1つ)を利用します。その2は蟻の人の量子空間を通して、その3は驚きの隊長であることを望んで、彼女の時間線は本が復聯する前にあるためです。

いずれにしても、タイムラインを好んでいる漫威の前では、功と名の滅びを深く隠すことはできない運命である。


親愛なる仲間たち、今日私たちは復刻表の話題を話しに来ました。

復刻表といえば、ここ数年の爆発的な表現にも深く感じられているのだろう。帝舵で啓承ブルー湾(HerイタズBlack Bay)を出して以来、時計業は「過去式」の熱狂に陥る。特に毎年の2つの展の間に、多くの人々の心の中に草を植えます。

なぜこのような大きな魅力があるのか、時計愛好者の高低を無視して、心を奪われてしまうのか。美学と懐はおそらく最も主要な原因である。この2つの面では実は同じことです――古典的なデザイン要素がないということはありません。

複刻スキル1:ケース、時計

さて、今では市販の復刻(あるいは復古)の作品に何か忘れられない歴史的な要素がありますか?小さいパートナーはすべてN多項を列挙することができます:たとえば早先に比較的に時興の復古の“あわびの魚の殻”を列挙して、この2年は精工のPolScoXの潜水表を除いて、他のブランドがしていることを見ません。


まず1つの段を言って、あるトップクラスのブランドの修理師W君の十年前の経験を改編します。

1人の兄弟たちはこのブランドのドッダ時計を買いました。何もない天気がありませんでした。「あなた方のマネージャーにこんな高い時計を買ってもらって、何日か壊れてしまったんですか。」店員は時計を見ると、もう動かなくなって、表冠が出てきて、心が緊張して、口が乱れていません。お客さんは何秒かになりました:“何が正常ではありませんか、私は手をつけて何回転んだことがありますか?そんな高価な遊びは何千円もの時計にかなわないのか。

あなたは複雑な時計に少し誤解があるかもしれませんが……。

実は、中国市場は、20年近くのスイスの時計文化の薫陶の下で、複雑な時計を買って、衝突しないということを疑問にしなければならない。

誤解1 .複雑な時計の定価高利益が高い

最高のブランドの複雑な時計、数十万はややもすれば百万を破って、数量はまた極めて少なくて、まさか飢餓マーケティングではなくて、定価の高出力価格はもっと高いですか?

答えはNOで、少なくともトップクラスの複雑な時計にとっては、そうではない。しかも正反対で、トップクラスの複雑な時計、複雑性、性能、品質、技術の高さは、すべて肉眼で見える。しかし、その制作には、高価な大型精密機器からも、お金があるのも無理なトップの製表師に頼ることもあり、コストの高さは目に触れることです。

あなたは複雑な時計に少し誤解があるかもしれませんが……。

制作のほかにも、もっと隠性がありますが、もっと高い開発コスト、1つのトップクラスの複雑な時計の機軸、開発の消費費の時間と費用はすべて無地の穴で、その上流産のプロジェクトの試験の誤りは最終的な完成品の上に落ちなければなりません。