TimeForce腕時計の知識:腕時計の外観の件に関して保養して、腕時計の外観は保養します
(1)殻と腕時計のバンドを表します:
腕時計の表す殻の腕時計のバンドはの材質はたくさん種類のため、例えばタングステンのチタン合金、ハイテクの陶磁器、ステンレス、柔らかい繊維、普通の鋼質など、つける時できるだけ硬度のはあるいは、を上回るとように特に体が摩擦して、ぶつけるのを免れます。定期的にきれいに洗って殻の腕時計のバンドを表します
同じく非常に必要で、その他に海水、塩水浴、香水、シャンプー、マニキュア、マニキュア落としがいくつかと化学の物質の化粧品などの相手の表す金めっき層と金属面を含んで一定腐食があって、接触を免れるべきです。
(2)鏡を表します:
腕時計の表す鏡は基本的に分けて水晶のゴム、鉱物のガラス、サファイアのクリスタルガラスを合成することができます。水晶のゴムの摩擦に強さ性を合成して少し悪くてかききず、を出しやすいしかし打撃力に耐えるのがより強いです;サファイアのクリスタルガラスは磨損の程度、しかし材質の比較的脆くて恐らく猛烈な衝突をやります;鉱山(物)の特質のガラスは両者の間にあります。たとえ磨損のサファイアのクリスタルガラスを抵抗するとしても物に応じてダイヤモンド、砥石、紙やすり、爪やすり、使うネットの石面、コンクリートの壁面などの中含んだ不純物、スカッフィングのその表面でないようにすることに注意しないでください。


TimeForce腕時計の知識:腕時計の皮バンドはどのように買って、ワニのサメ皮、トカゲの皮、ダチョウの皮バンドは買います
たくさんの腕時計はすべて皮バンドを配合したので、その中がかなりあるのは多少ブランドが大きくて表すのです。特に貴金属の表す殻はワニのサメ皮Crocodile、トカゲの皮Lizardあるいはダチョウの皮Ostrich腕時計のバンドを付けてあって、更に腕時計の高貴で優雅なのを際立たせることができて、二者いっそう最高の組合せをして互いに引き立て合う成暉、さらに古風で質朴な自然の風格を体現します。腕時計の価値は皮バンドのを配合するのが必ず低くなければならないと言いがでもなくて、1匹のブランドの腕時計の上のベルトはややもすれば数千元が要して、宰相の府中の7人の品物の官、小さいをのの見ません!腕時計のバンドが要することができるのはベルトより高いです。
皮バンドの種類がたくさんで、最もよくあったのは牛革の(GENUINELEATHER本革)を使って、色柄の等級も多種多様です。今もとても流行ってい皮バンドをつけて、原因もそれが比較的柔軟で、従順で心地良いのにあって、同時に象のステンレスの腕時計のバンドをつけるニッケル金属のを免れて人の体のもたらすアレルギーに対してしみ出して、だから、重んじる人は普通は比較的用の皮バンドを偏愛します。
丈夫で丈夫なことを議論して、皮バンドは金属製バンドより間違いなくもうだめです。正常に皮バンドの寿命をつけて2―3年で、そのため、それは“消耗品”だと言えます。しかし少し確かでで、ふだん正常に注意深いのをつけてして補修するのでさえすれ(あれ)ば、大いにその実用寿命を高めることができて、これがと革靴の道理を着るのが同じです。


腕時計がうっかり地べたまで(に)転ばれる時に、或いは各種の衝突が腕時計のガラスの傷物を招いたため、傷物を見る程度は言って、破裂するばらばらで全く破損している情況裂け目、割れ目、角があります。もしも裂け目、割れ目がただまた(まだ)間に合わせて使うことができるだけで、当然な腕時計はもう美しくありませんて、角は破裂してばらばらで全く破損しているの必ず腕時計のガラスを替えなければならないのとなると。
ガラスのひどい傷物、腕時計のが密封しないのを招いて、それによって防水機能に影響します。腕時計のガラスの材質の上から見て、旧式の腕時計のあのようなプラスチックのガラスは情況に破裂するのが現れることはでき(ありえ)なくて、鉱物の表すガラス、特に今流行っているサファイアはガラスを表して比較的現れやすくて破裂します。
写真の中のあのROLEX腕時計はとても典型的であるで、それの全くのが破裂したのを見ることができて、その上破裂の傷物面はすべて内(時計の盤面に向って)に、ガラスのばらばらなくずは時計の文字盤の上を全部に敷き詰めます。このような情況がもしも必ず時を逃さず即断してすぐ措置を取らなければならないにの出会ったら、措置は次の通りです:
(1)時計を抜き出して、腕時計に止まっていかせます。
(2)絶対に針を動かすことはできなくて、早くカレンダーをも加減することはできません。
(3)腕時計が平らで(最も良いガラスが次に向かう)を入れて、時計メンテナンス店に送りまで腕時計が置く姿勢と引き分けするのを維持しなければなりません。
(4)その間も激しいのをして震動してぐらぐらしてはいけません。
(5)時計メンテナンス店をくれぐれも言い聞かせて、解体して補修する中、注意はガラスのばらばらなくず傷と時計の文字盤と針を譲らないでください。
なぜこのようにするのか、時計の文字盤を保護するためにもう更にのを受けて傷つけなくて、時計の文字盤の価値がよくガラスを表すよりもっと大きい、特にあれらの貴重な腕時計ためです。私はガラスの破裂のため表してまだ行き来しているのに会ったことがあって、ポインターがガラスのばらばらなくずを動かして裂け目の時計の文字盤は入れ替えはカレンダー皿の事、結果表のガラスと時計の文字盤とと一緒に、増大して費用を補修します。もちろんこの情況が現れないでくださいである方がよくて、1つの有名な時計のガラスは価格を替えて大体すべて2000元以上にあって、もしもそれなら異形のが更に高いです。