そばは2年比較して、今年私が買ったのを表すのが少なくて、主に今年の家のお金を使う場所が多くてで、表す習慣性をかえるのがありますが、しかし家の“指導(者)”と口を開くことができません。今のこのGO(格拉蘇蒂がオリジナルだ)、実は以前は買いたい考えがあって、しかしずっと行動がなくて、その前の2日間まで適切な機縁がありました。
GOの表し私の前で2匹がありました。ひとつのは90のえこひいきして大きいカレンダーの月相で、ひとつのは100の大きいカレンダーの月相です。この2つの時計はすべてGOが最も代表性の時計があるので、道理から言えば、90、100はすべて遊んで、市場の主流GOは先に買わないことができました。しかし、このGO小さくて緑の表は(政府は、格拉蘇蒂のオリジナルの60年代)、私が見た後に、驚いて、瞬間引きつけられて、その上5万9000公の価格がまあまあ良くて、またGOを買う考えがありました。
どうしてこの時計が気に入って、少しも疑問がないで、この緑の皿のためです。

緑の面の時計、私は緑の幽霊、緑のガラス、チュードルを買ったことがあって緑で速くて乗ります。すべて緑でですが、しかしそれぞれがただ緑だけを表してすべてかすかな違いがあります。たとえば緑の幽霊の緑は輝いて、チュードルの速い乗ったのは緑でどうしても暗いです。このGOの小さくて緑の時計の緑は明るくなるだけではなくて、上は模様がまだあって、漸進的変化の効果がまだあって、サイズを表すのが大きくないをの見ないで、しかし目は注視していって移すことができません。


1つの関心のひと山の腕時計政府の小さい手紙の主人として、突然先週盛んな刺し縫いする海が“制限する来襲”のから跳び出しておして送りを見て、手はとても安くて、最初の肝心な時間は注文して入っていきました。さすがに盛んな刺し縫いする海にとって、“制限する”はやはり(それとも)すこぶる誘惑があります。
やはり、とても有名な“福”は表して、188つしかなくて、中国でオンラインはただ(公式サイトと小さい手紙の高級品店)だけを販売します。このいくつ(か)のキーワードはすでに多くの人を譲ったことができます始まろうとする。

12号(日)正式に日を発売するですが、しかし早い何日(か)の既存のウサギの粉は黙々として問合せします:“ウサギの先生は私は買うべきですか?さすがに第いっしょに盛んな刺し縫いする海です。”1日もがいた後にこの100余りグロックを逃しを恐れて、彼は思いきりよく54800元注文票を出します、。そこでウサギももとても幸運で、実物に会います。

実は私達で盛んな刺し縫いする海の理解に対して、すべて感をつけて掌握する中受け尽くして、しかし箱を開いているあの15分はやはり(それとも)少し興奮しました。

オンラインが販売するので、機会をつけるのを試みていないのを意味して、恐らく新人に心配させます。しかし私はウサギの粉に対して提案して、刺し縫いする海の商店にPAM1359を試してみるのを行くことができて、慣れて感じるのを少し経験します。

“福”は表すのは手に入れるあの15分このようなで、さすがに実体商店で、箱の事をはずして自分の親しい力を要して親しいです。


ロンドン街頭、Burberry商店がまるでコンビニとと同じに多いです。9月、一社ごとにすべて急いで新しいLOGOをかえています。
17日、RiccardoTisciGivenchyはくら替えするのがBurberryまで(に)後からの第1度の大きいショーは間もなく開始するでしょう、ロンドンは誰(で)もすべてこの事を取りざたしているようです。
ロンドンのファッション週間は新鋭のと開放を維持していて、独立独歩するのは励まされたのであるようで、イギリスは“風変わりな人”が好きです。全世界のメディアと威風がある買い手はすべてここへ集結していて、若いデザイナーは緊張してまで(に)吐きます。
ロンドンは中央の聖人のマーティンたくさんですごいファッション学院を持って、学友は非常に豪華です。今日あなたとロンドンのファッションリーダーはAlexanderMcQueenを持って、ひとつのが興奮しないのがありません。

この数年のロンドンのファッション週間、1人の中国の常連がありました――京の東。今回、彼らの手を携える3人のデザイナーはロンドンに来て、最も早く登場したのは李のササと陳の序文のです。

01

14日の晩、李のササの個人のブランドXIAOLIはロンドン城センターの1つのクラブの中で大きいショーを催して、ロンドンのファッションリーダーの立派な服装は来ます。

この季、李のササの作品は休日を過ごす風情を満たしました。彼女は大量の藍白、金銀の縞模様、水着式設計、ゆったりする気の向くままにのリボンを運用しました……彼女も忘れないでモデルのために誇張するシリカゲルの材質のサンバイザーをつけて、これは彼女の個性の署名です。