物事の理解について時代発展して進みに従って、あれらの物事の前身の後世の間、すべて明らかで微妙な変化、例えばモンブランが存在しています。流行の1周の革製品のブランドを叱咤してことがあって、今のところすでに暦峰グループの収入の袋の中でに、商業の利益はやはり(それとも)自身が発展するので、私達は多すぎる研究をする必要がありません。なぜかというと消費者に関心を持たなければならないのは一つしかありません:品質の始終変わらないかどうかが精密ですか?百聞は一見にしかず、モンブランの腕時計を見てみに来ましょう!

モナコは1つの高貴で優雅な国家で、あの一地方の水と土はまるで世界の最も美しい顔かたちを注ぎだすことができて、これまでの毎期の王妃あるいは王女はすべて世界レベルで優雅な手本になることができます。モンブランはモナコの王女をシリーズのテーマとして利用して、王女の気高くて華麗なのに迎合して、純粋な白色の時計の文字盤は金色の針を使って時と飾りを表示して、また1粒のピンクの宝石を放って、王女のヘアピンの上のアクセサリが紛失したのであるようです。紳士達が買ってきて女にあげるあるいは出会うのがすべて良い選択を待ちます。
モンブランのLeLocleの作業場で製造した第1枚の機械的なチップの霊感は1821年にNicolasRieussec発明する世界の初の時間単位の計算から来て時計を積み重ねました。ニコラスケイズの登場がモンブランの一族のために輝きを増すのが多くて、この腕時計の18Kプラチナの材質はたいへん質感があって、43ミリメートルの時計は直接設計して多くの男の英雄の夢に迎合しました。黒色の時計の文字盤の中の機能は期日表示、時間単位の計算と動力備蓄物が表示するのがあって、1枚のとても強大な腕時計です。


オメガとニュージーランド酋長チームの長期協同関係は1995年までさかのぼることができて、それは最近一回のアメリカカップの帆船試合が米国で行うのです。リーダーのピーター・を担当して地雷(水雷)を仕掛けてグラムの勲爵位(SirPeterBlake)オメガの有名人の大使になって、そして船団にサンディエゴでみごとにアメリカカップのチャンピオンを奪い取るように連れます。ディーン・バックは2000年にアメリカカップの帆船がチャンピオンを競ってそしてとオリンピックに遠征しのでことがあるのです。2001年から、バックもオメガの有名人の大使の大家族に参加しました。ニュージーランド酋長チームの主要なスポンサーの中の一つを力強く支持するとして、オメガは強い勢いはアメリカ選手権大会の場内で現れるでしょう――ニュージーランド酋長チームAC72帆船の船体と三角形の物の帆の上でオメガの標識が人目を引いてわかります。

6月26日、オメガとブランドの有名人の大使、ニュージーランド酋長チーム(ETNZ)のリーダーのディーン・バック(DeanBarker)はサンフランシスコで特別なイベントを開催して、誉れは全く新しいセイウチのシリーズの“ニュージーランド酋長チーム”の限定版の潜む水道のメーターを発表します。全く新しい腕時計は第34期のアメリカカップの帆船試合のが順調にしてそして再度オメガとニュージーランド酋長チームの協力を目撃証言したのを祝いを目指します。ニュージーランド酋長チームで海湾の”waka”大本営に位置して、オメガはバックとニュージーランド酋長チームの執行役員のグラント・ドールトン(GrantDalton)にこの腕時計を贈呈して、場のメディアと貴賓で共に特にいつもこのを目撃証言しました。7月7日、アメリカカップの挑戦試合は真っ先に引き離す序幕を。オメガの有名人の大使のバックは船団に全く新しいAC72帆船を運転してこの世界の最もマイナスの高い名声の帆船の試合に遠征するように連れるでしょう。


昨日、中国と―スイスの自由貿易協定は正式に締結して、スイスを輸入する時計の価格は下がって多くの市民の関心を持つ問題になるかどうか。今日の午前、記者は、は部分の代理購入商とスイスの腕時計の代理店所が知る、短期内からスイスの腕時計を輸入する価格は下がることはでき(ありえ)ないです。

調査によると、中が貿易の協定が発効した後にからめでたくて、中国側は瑞方84.2%の出口に対してを最後にゼロ関税に実施して、オメガ、ロンジン、ティソ、梅の花、スウォッチなどは中国の民衆の愛顧の腕時計のブランドも値下がりする行列を受けます。

今日の午前、一部のスイスの腕時計のネットワークは商を代理購入して語って、スイスの腕時計の価格は下がることはでき(ありえ)ないです。明確に表す商店があって、代理購入実際にはすでに“免除する”関税の価格のため、その上国内の代理購入商は多く米国、日本と韓国のコーナーから代理購入するので、そのため受けて貿易の協定の影響からできないでとても大きいです。

税関のデータは表示して、現在のところ、腕時計が税を輸出入するのは11%―23%で、増値税は17%で、1万元の腕時計を上回ってその他に20%の贅沢品の消費税を徴収します。

帳簿を計算します

税関によって定めて、1匹の輸入値段を1万元の腕時計にするのは例で、貿易の協定から第1年内発効して、315元ぐらい減税するでしょう。


そばは2年比較して、今年私が買ったのを表すのが少なくて、主に今年の家のお金を使う場所が多くてで、表す習慣性をかえるのがありますが、しかし家の“指導(者)”と口を開くことができません。今のこのGO(格拉蘇蒂がオリジナルだ)、実は以前は買いたい考えがあって、しかしずっと行動がなくて、その前の2日間まで適切な機縁がありました。
GOの表し私の前で2匹がありました。ひとつのは90のえこひいきして大きいカレンダーの月相で、ひとつのは100の大きいカレンダーの月相です。この2つの時計はすべてGOが最も代表性の時計があるので、道理から言えば、90、100はすべて遊んで、市場の主流GOは先に買わないことができました。しかし、このGO小さくて緑の表は(政府は、格拉蘇蒂のオリジナルの60年代)、私が見た後に、驚いて、瞬間引きつけられて、その上5万9000公の価格がまあまあ良くて、またGOを買う考えがありました。
どうしてこの時計が気に入って、少しも疑問がないで、この緑の皿のためです。

緑の面の時計、私は緑の幽霊、緑のガラス、チュードルを買ったことがあって緑で速くて乗ります。すべて緑でですが、しかしそれぞれがただ緑だけを表してすべてかすかな違いがあります。たとえば緑の幽霊の緑は輝いて、チュードルの速い乗ったのは緑でどうしても暗いです。このGOの小さくて緑の時計の緑は明るくなるだけではなくて、上は模様がまだあって、漸進的変化の効果がまだあって、サイズを表すのが大きくないをの見ないで、しかし目は注視していって移すことができません。


1つの関心のひと山の腕時計政府の小さい手紙の主人として、突然先週盛んな刺し縫いする海が“制限する来襲”のから跳び出しておして送りを見て、手はとても安くて、最初の肝心な時間は注文して入っていきました。さすがに盛んな刺し縫いする海にとって、“制限する”はやはり(それとも)すこぶる誘惑があります。
やはり、とても有名な“福”は表して、188つしかなくて、中国でオンラインはただ(公式サイトと小さい手紙の高級品店)だけを販売します。このいくつ(か)のキーワードはすでに多くの人を譲ったことができます始まろうとする。

12号(日)正式に日を発売するですが、しかし早い何日(か)の既存のウサギの粉は黙々として問合せします:“ウサギの先生は私は買うべきですか?さすがに第いっしょに盛んな刺し縫いする海です。”1日もがいた後にこの100余りグロックを逃しを恐れて、彼は思いきりよく54800元注文票を出します、。そこでウサギももとても幸運で、実物に会います。

実は私達で盛んな刺し縫いする海の理解に対して、すべて感をつけて掌握する中受け尽くして、しかし箱を開いているあの15分はやはり(それとも)少し興奮しました。

オンラインが販売するので、機会をつけるのを試みていないのを意味して、恐らく新人に心配させます。しかし私はウサギの粉に対して提案して、刺し縫いする海の商店にPAM1359を試してみるのを行くことができて、慣れて感じるのを少し経験します。

“福”は表すのは手に入れるあの15分このようなで、さすがに実体商店で、箱の事をはずして自分の親しい力を要して親しいです。


ロンドン街頭、Burberry商店がまるでコンビニとと同じに多いです。9月、一社ごとにすべて急いで新しいLOGOをかえています。
17日、RiccardoTisciGivenchyはくら替えするのがBurberryまで(に)後からの第1度の大きいショーは間もなく開始するでしょう、ロンドンは誰(で)もすべてこの事を取りざたしているようです。
ロンドンのファッション週間は新鋭のと開放を維持していて、独立独歩するのは励まされたのであるようで、イギリスは“風変わりな人”が好きです。全世界のメディアと威風がある買い手はすべてここへ集結していて、若いデザイナーは緊張してまで(に)吐きます。
ロンドンは中央の聖人のマーティンたくさんですごいファッション学院を持って、学友は非常に豪華です。今日あなたとロンドンのファッションリーダーはAlexanderMcQueenを持って、ひとつのが興奮しないのがありません。

この数年のロンドンのファッション週間、1人の中国の常連がありました――京の東。今回、彼らの手を携える3人のデザイナーはロンドンに来て、最も早く登場したのは李のササと陳の序文のです。

01

14日の晩、李のササの個人のブランドXIAOLIはロンドン城センターの1つのクラブの中で大きいショーを催して、ロンドンのファッションリーダーの立派な服装は来ます。

この季、李のササの作品は休日を過ごす風情を満たしました。彼女は大量の藍白、金銀の縞模様、水着式設計、ゆったりする気の向くままにのリボンを運用しました……彼女も忘れないでモデルのために誇張するシリカゲルの材質のサンバイザーをつけて、これは彼女の個性の署名です。


STORMは誕生日から独特な設計の理念、優良な製品の品質でその若くて、積極的で、セクシーなブランドイメージを表現して迅速に大量のブランドの取り囲む者を引きつけました。かつただ数年時間だけを使って、ロンドンの流行する最前線に登って、迅速に流行する腕時計のパイロット者になりました。
1つの流行するブランドとして、STORMは次第に腕時計の以外のその他の製品の領域に進出するのを始めて、もっと多い製品を発展計画に組み入れます。今のところ、STORM製品の分類はすでに腕時計、アイウェア、バッグ、革製の銭入れ、傘と香水などを覆いました。その業務を通じて(通って)全世界で広げて、STORM現在のところはすでに迅速に流行のブランドに発展して1つの国際型の有名なのになりました。

1985年、SteveSunはその時の腕時計が大部分が(は)、黒く銀色の交互にのが円を刻むのを発見します。価格の安い腕時計のすべて非常が単調で、かつ高価な腕時計のデザインとたいへん似ています。Steveは突然1つの考えが発生して、彼は1つの会社を創立して人々の買えることができる面白い腕時計を生産しに来たいです。そこで、Steveはカラーのが円を刻みをその他の革新性の細部と導入して腕時計の中で来ます。そのため、彼はSun99有限会社を創立しました。

1989年、Steveは一回の飛行機の旅行中の中で突然霊感を得て、STORMこのブランドを創立しました。

その時、すべての腕時計はすべて宝石店内で販売するのです。Steveは始めるのはブランド流行店と協力して、そして彼らに腕時計を売り出しを始めます。そのため、腕時計を流行するアクセサリとして販売します。異なる店で潮流の消費者比較的異なる腕時計をあがめ尊んで、かつSTORM強烈な裏切りの伝統の腕時計の設計する独特な風格、気さくな価格のため、人々にもっと多い腕時計を買うことができて、異なるファッション、場所を組み合わせに来ます。ついてきたのは、STORMブランドのは強大になって、STORMのfansはだんだん多くなります。

1つの流行するブランドとして、STORMは次第に腕時計の以外のその他の製品の領域に進出するのを始めて、もっと多い製品を発展計画に組み入れます。今のところ、STORM製品の分類はすでに腕時計、アイウェア、バッグ、革製の銭入れ、傘と香水などを覆いました。その業務を通じて(通って)全世界で広げて、STORM現在のところはすでに迅速に流行のブランドに発展して1つの国際型の有名なのになりました。


1913年、表を作成する大家EkortWilliamsのスイスでの制表センター、風景が絵のようなのは紹のドイツを引き延ばして豊かで依カーターEKORT時計業会社を創設しました。EkortWilliamsはスイスの伝統の表を作成する技術を受けてその通りにして絶えず革新して、全世界に販売するEKORTを造り出して表します。1近く百年以来Ekortは表してずっと精致で、信頼できて、丈夫なすぐれて良い品質を堅持して、造り出して1また1すばらしい時計算して、永久不変の時空で明滅します。
1938年、EkortWilliams先生の息子AlfrebWilliamsは一族の事業を受け継いで、企業のが日増しに大きくなりに従って、EKORT表す知名度は絶えず上がって、すでに自分の大量のブランドの追随者を持ちました。1963年まで着いて、50年の努力を経て、EKORTは表すのはすでにみごとにパリ、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンと南米のブエノスアイレスなどの市場に入りました。

1986年、Williams一族の第3世代のエリートCarlWilliams始める接管会社。こちらの若いのは後方で戦略を立てて者EKORT時計業会社に対してずっと得意満面です。会社の発展と現代化の過程の中で、天才的なアイデアで再び新しく開いてある時計のシリーズを発見する時、彼は視線を近代化する管理に投げて、この優良なブランドが長くて盛んで衰えないのを確保するため、彼は絶えず市場の先行きに広く開拓して、担ってこの使命を書いて、今なお彼はずっと意気天を衝いて、彼がすでに胸に成算があったのためです。少しも疑問がないで、今後の日の中で、EKORTは表すのはまた(まだ)私達に多くの意外な喜びを持ってきます。