年末に着くでしょう、同級生は集まって何をつけて表すべきです

年末に着くでしょう、最も怖いのは家に帰った後は3命を奪って聞いて、給料はどのようですか?脱いで単にありませんか?結婚するべきだったでしょうか?各種の敏感な話題のが遠回しに言うについて家の中人に直面するを除いて、年末に集まりもついてきます。長い間まだ会っていない友達に会いに行って、どうしても悩みがどのように身につけているのが適切なことができて、とてもまばゆいをの過ぎてまた風下を下ろさないことができることはでき(ありえ)ないです。手首の間の時計も落ちることはできなくて、今日腕時計の家があなたに3モデルの顔を推薦するのが高に値して、価格ラインの2万左右の腕時計、自分のイメージのために風采を加えましょう。
モンブランは2018年にジュネーブの時計展の上でスターのシリーズのカレンダーの腕時計を出して、米耐華表工場の並外れている表を作成する伝統の中からカレンダーの腕時計のために輝きを増します。この腕時計の上で、スターのシリーズのたくさんすばらしい設計を体現していて、たとえば扮して丸くない真珠を放射して彫刻して紋様の図案の時計の文字盤、葉の形の時計の針と分針を彫るモンブランのシンボル的な星の形があって、改めて設計するブレゲの風格のアラビア数字など、すべて私達に歴史は悠久な米が華の懐中時計に耐えるのを連想させます。シンプルで気前が良い全体は設計を表して、組み合わせは間違いが起こりにくいです。
チュードルの1926シリーズの名称はブランドの創立者のハンス・ウェルズの多い夫(HansWilsdorf)を紀念するのために、彼は1926年に“TheTudor”の商標を登録して、このシリーズはすばらしくて優雅で、正式の1時(点)の場所あるいは集まりに適合します。円のアーチ型設計と時計の文字盤の中央の浮ついている彫刻装飾の紋様は復古の風情を高く備えて、ラインストーンの時に標識はポインターのつやがある影と織りなして、対比が鮮明です。かつ3時に位置は期日の表示ウィンドウが設置されていて、腕時計のためにまた実用的な機能を増やします。チップは採用するの2824型が自動的に38時間のため鎖の機械のチップ、動力の備蓄物に行くのです。