買って終わって、それから、ですか?

私達はいつも“時計を買う”を議論していて、事実上“買う”のこの行為の後で、もっと多い時に私達が直面して売った後。買い終わって、売った後にどうですか?質が時間を守るのはどのくらいですか?私達の非常に関心を持った問題です。今日、私達はそれぞれ大きい主流の表を作成するブランドのアフターサービスとおおよその流れを見てみて一体どのようですかに来ます。

質は時間の長さを守ります:

質が時間の長さを守るのが重要ですか?当然で、この大部分の表を作成するブランドの質が時間を守って2年のスタート、近年からから、延長して時間を修理保証する多くのブランドの選択があります。オメガ、ロレックス、ブライトリングは次から次へと5年の質にふるまいを守るように出します。相手が国内の直販の店でまた(まだ)ロングの8年の質に時間を守るように出したのが好きです。延長するのは時間を修理保証する消費者のよいところについてあって、買った腕時計に対してだんだん保障があって、相応しもいくつかの補修する費用がと悩み煩っているのを減らします。例えば、ABが売ったとようなもの、品質が同じで、売価が同じで、Bがこのものはあなたが買って帰ったのを承諾した後に5年以内あなたに修理保証して、Aはただ2年だけ承諾して、あなたがAを選ぶのはまだBですか?

表を作成して“兄貴”のパテック・フィリップブランドの中で中国大陸の政府の取引先のサービスセンターが上海市北京東路の99番の益豊に位置する以外に例を挙げます、パテック・フィリップ源と北京市前門の23号(日)。、は政府取引先サービスセンター、スタッフが一応腕時計の状況を理解している後で取引先のスタッフは製品の原始の証明書(Certificate of Origin)と品質保証の年限を詳しく調査のうえ決裁するでしょう。しかももし2年の品質保証期間の内で腕時計は保護が必要で、しかも発生のいかなる“適用できない”の状況がなくて、パテック・フィリップの取引先サービスセンターは無料でサービスを提供することができます。