今年SIHH、ジラール・ぺルゴのは新しく設計してとりわけ恥をかきます!

今年、ジラール・ぺルゴジュネーブの時計展がたくさんこの上なく精巧で美しい作品が現れた、流行の動感の紳士の腕時計を除いて以外に、ジラール・ぺルゴの今回の出した女性の腕時計同様に清新で感動させて、一部の時計の設計の以外、その他表すモデル今年のブームの“青い”の行為で表す設計する主な基調、現れた勢力のある人の男性の魅力、また体現していたロマンチックな女性の色、次に、譲りましょう私達それぞれ鑑賞します今回の時計のモデル。
今年のジラール・ぺルゴの表す中心のテーマ「空の果ての行者」(Earthto Sky)として、ブランドは宇宙と時間の本質を探求するのを霊感にして、アイデアの元素を取り入れて、神秘的な手首を満たしを出した間のに時に計算して、このクラシックのシリーズは依然としてもと気高くて優雅な特徴を踏襲して、神秘的で青いと黒い色調で、このモデルが現れて銀河をまたがり越えて伸ばして宇宙の空の果ての設計のテーマまで(に)延びます。

腕時計の直径は30ミリメートルで、殻を表してDLC上塗りで砂の精密な鋼を噴き出して製造してなって、黒色は殻を表して静謐な青い時計の文字盤によく合って、時計の文字盤は青いジュネーブのエナメルで製造してなって、異なる光線の下で漸進的変化の効果が現れて、色合いはやさしくて味わいがあって、時計の文字盤3時の位置所は実用的なカレンダーの表示ウィンドウが設置されていて、チップは搭載するのGP03300が自動的に鎖のチップに行くので、日常の防水の深さは30メートルで、46時間動力備蓄物を提供することができます。チップの採用の5種類以上の表面の修飾の技術、添え板と板橋は少しもいい加減にしない精密な鍛造、面取り、を通って技術処理と真珠を彫り刻んで少し丸くて紋様を磨き上げてジュネーブの波紋と装飾して、更にサファイアの水晶を通して称賛を背負って藍鋼のねじと金めっきまで(に)労働者を彫りを表すことができます。