意にかなってい送りました│蘿菈個人は2019年のジュネーブの時計展の新作を選びます

《大きい寫の蘿菈》編集長の中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。

私は私は4日以内数(何)百匹見て表すのであるべきにたくて、すでにすべての時計の“一体になる”の状態が現れて、もしも私におすすめがなにかありを聞いて、私は恐らくしばらく広大な時計の海から何匹探し出すことができなくて、また後ほど自分のたたいた写真が記録するのを見て、私は性のが選出するのに従って私は言いたいことしかできなくて、甚だしきに至っては誇示したいです。