変色するパテック・フィリップ

その前の数日間はひとつのとてもきれいな腕時計、パテック・フィリップRef.に出会いました5180G。自分で作る機械のチップCal.に基づきます240改造するのはなって、添え板はサイドオープン処理をして、同時に繁雑で精密な手作業の彫りを行いました。前後のサファイアを通じて(通って)鏡を表して、はっきり鋭い切削した歯跡となめらかな線が見えることができます。

以前はこのような空リストを彫刻するのが好きでないで、おそらく“淘宝の同じモデル”の影響を受けて、一般感覚は俗っぽくて安値の少しのがあります。本気にすることができるのはRef.を付けます5180G実物の時に、同様に空リストを彫刻するのを発見して、精細製作所の持ってくる質感は全く異なります。

私の成長した場所は内陸にあって、小さい時初めて刺すからだを食べて、味がとても奇怪だと感じて、とてもまずいです。それから海岸でまたまた試みて、これでやっと”がからだを刺してを”がまずくないのではないをの知っていて、“前は食べるとげからだが新鮮ではない”です。

これとRef.5180Gが同じで、時には、あるものがよくなくなくてではなくて、前に自分の見るところの過ぎるこれらのものはすべてとても悪いです。