OMEGAオメガの新作SeamasterPlanetOceanシリーズの腕時計は紹介します

OMEGAオメガは2011年にスイスBaselが展を表す中で、全く新しいシリーズのSeamasterPlanetOcean腕時計を出して、2005年の第一モデルのPlanetOcean腕時計の登場を継ぐな後に、第1回の全シリーズはモデルを直します。PlanetOcean腕時計の全体の外形設計、霊感はOMEGAの1960年代末期での1モデルのSeamaster300潜む水道のメーターでから来て、この腕時計の防水性能は300メートルに達して、そして分厚い表す殻の構造を備えてはっきりしている顔立ちと配置します。そのためSeamasterPlanetOceanシリーズはこの腕時計のずば抜けている性能を踏襲して、同時に防水の深さの引き上げを600メートル着いて、結び付けて手動でヘリウムのエアバルブに並んで、OMEGA潜む水道のメーターの中堅の割り前になります。2011年に、新作SeamasterPlanetOceanは全て製のと軸のエスケープの芯から搭載して、その中の時間単位の計算は更に採を表してモデル最新の研究開発のCal.を使います9300の自動時間単位の計算のチップ、表す展の中で最も注目させられた時計のモデルになります。

OMEGAオメガの新作SeamasterPlanetOceanシリーズの腕時計は紹介します

PlanetOceanシリーズの中で、橙色を使って閉じ込めるデザインを表して、ずっと度の最高な時計のモデルを知っているのを弁別するので、新しく時間単位の計算の腕時計を直して、同様にこのにも続いて設計しますと。当は顔立ちを表して配置して、3時のため鐘の位置のと軸の時間単位の計算の分針、時計の針の構造、9時(点)と鐘の位置の小さい秒針皿、形成して2つの小さい時計の文字盤設計を左右して、期日ウィンドウズも6時(点)の鐘の位置に変えます。適当な時間単位の計算の時計の文字盤を整えて時間単位の計算に時計の読込みが直覚性を更に備えるのを積み重ねさせて、そして時計の文字盤の設計のもっと簡潔な俐に下ろさせて、これもこの新作の時間単位の計算が表す最大の特色を積み重ねるです。その他に、顔立ちの上のロジウムメッキの時に目盛りを表示して、製は質感を行って前1世代がもっときめ細かいに比べてしかも立体感を備えて、顔立ちの全体の質感を高めました。

殻10時の鐘の位置の手動を表してヘリウムのエアバルブに並びに位置して、Seamasterシリーズの潜む水道のメーターの表示する準が配備するので、今もSeamasterシリーズの主要な特色の中の一つになります。専門のため潜む水道のメーターは常に高圧の状態があって、およびヘリウムの息の分子はしみ込みやすくて殻の内で表して、圧力の均等ではない状態の下で殻を表しためを免れる、ガラスの鏡映面が決裂するのをもたらして、そのためわざわざこの1列のヘリウムのエアバルブを設けます。現在のところの採は橙色で閉じ込めるデザインを表して、それぞれステンレス鍊によく合ってゴムの腕時計のバンドの2種類のデザインを持ってと、後者の全体の重さは比較的鍊はモデルを持ってたくさんを軽減して、計略の非常に細い紳士にとって、付ける資格があるのはもっと心地良いです。PlanetOceanシリーズのため、全て備えて強大な圧力のガラスの鏡映面に抵抗して、殻を表して比較的分厚くなりをさせます;その上新しくシリーズを表して全て採の透明な底が設計をかぶせて、そのため殻の全体の厚さを表して19mmを上回りをさせて、たいへん量のスポーツがあってモデルを表すと言えます。