灰色は言いたくないです。青い色はペガソの憂鬱です。バーゼルにあります

Laura Lan藍思晴の「大文字のローラ」は中国語圏で有名な時計ジュエリー評論家で、専門的な機械時計を鑑賞し、ジュエリー、生活、文化、芸術などの各分野に対しても独自の見解を持っています。「引想力工房」を創設して、専門文案、顧問、講習などの仕事に従事します。

2018年末にフランスパリ奥塞美术馆でペガソブルーとバラ色の時期の特別展が展示され、2019年にバーゼルに移り、5月26日まで展示されています。

1924年の舞台「青い列車」はフランスのパリで上演されました。この劇はシャネル本人が舞台衣装をデザインしただけでなく、舞美もペガソ1922年に描いた「砂浜を走る女2人」を使って再現しました。元々のサイズは32.5 x 41.1 cmで、6.78*8メートルの舞台幕に拡大しました。この原画は今はバーゼルに移されました。「Picasso.Bleu et Rose」の特別展に展示されています。