ガンダムと重ポンドの連名:Seiko xガンダム限定モデル

時計界のクロスネームの例は枚挙にいとまがなくて、通常連名の双方はいずれも互いの声量を動かして、互いに補完する効果を持っています。Seikoは、「機動戦士ガンダム」との3つの腕時計を発表し、今年で40周年を迎えた。三つの連名モデルはそれぞれ量産型MS-06サケⅡ(SBDX 027)、赤彗星シャアサケⅡ(SBDX 029)及び初代ガンダムモデル(SBDB 033)で、胸が熱くなります。

Prospex Mainemaster ProfessionalシリーズZaku II限定モデル(SBDX 027)は、1,000個限定で、400,000円で販売しています。

SeikoはMS-06機動戦士ザックⅡを連名モデルとして、クラシックな「まぐろの缶詰」のイメージを維持し、4時位置の表冠デザインと、蛇腹式ゴムのバンドを発売し、1960年代のSeiko潜水表から誕生した魅力を続けています。時間の目盛りがある一方向回転の時計の輪、回転式の表の冠と水の中で良好な識別度を持って、専門の潜水時計の本質を現しました。それぞれ赤、緑を表輪、文字盤とベルトとして配色し、ロボットの外観に呼応しています。