名表はどうやって養生しますか

一、腕時計の密封問題。

ほとんどの名前表には防水と明記されています。例えば30 M、50 M、100 Mなどです。一部の表示も防水ではないです。防水の腕時計と明記されていますが、サウナやお風呂には絶対に着用してはいけません。マットが冷えているため、熱い空気がカプセルに入り、出られなくなり、霧も直ちに処理できなくなり、腐食、錆びが発生します。腕時計は普通の状況でしか着けられません。実は腕時計の防水は主に小さいゴムの輪に頼って作用して、時間が長いとゴムの輪は老化して、弾力性を失った後にすきまがあって、水に入ることを招くかもしれなくて、吸気、だから定期的にゴムの輪を密封して腕時計の防水を保証することができます。

二、機械の作動問題。

有名な時計は普通はすべて機械の腕時計で、機械の腕時計がすべて歯車によって運営するので、腕時計の上でどれだけのダイヤモンドを表示することができますか?しかし、腕時計の歯車はダイヤモンドのような硬い材料で加工することができません。鋼の材料でホイール軸としてしか使えません。腕時計が小さいほど、ホイール軸が細くなります。毎日何万回転の回転数はドリルの目の中の微量の油によって磨耗を減少させます。油が乾くと、ホイール軸が乾き損します。何年も経つと、この時計の寿命も到来します。

三、外観保守。

有名な時計の外観は普通はK金、K白金、高級な動物の皮の材料を使います。K金は主要原料が黄金であるにもかかわらず、人の手の汗は酸性であり、空気の腐食に加えて、時間が長くなると新しい時の美しさが遠くなります。K白金なら、長い間外の銀色層が磨耗して、中の黄金が暴露されても、以前のように白くないので、定期的に保養してめっきしなければならないです。皮のバンドはもちろん、汗による腐食はベルトの早期硬化によってひびが入ります。正常なメンテナンスは汗多雨の時期にベルト時計を着用することを避けるべきです。もし腕時計がスチールでシェルバンドを作ったら、いつも磨いて新しいものを作って、その価値をもっと表すことができます。