ZEENITHは革命的な新技術で強力な性能を発揮します

革命的な新科学技術で強力な性能を発揮する。

ZENITHは今年、新たなDefy Xtremeターボシリーズの腕時計を発売しました。その名の通り、Defy Xtremeターボシリーズの腕時計は伝統的な表工芸に挑戦するだけではなく、革命的な材質と物理的な耐震設計を採用しています。ZEENITHは3年の時間をかけて、限界運動に合うように装着する設計の出発点となるDefy Xtremeターボシリーズの腕時計を開発しました。超高回転速度のEl Primero自動ムーブメントを保護するために、ZENITHは独自に開発した革新的な材質Zenithium(チタン、アルミニウム、鋼合金)を、サイクリングテーブルブリッジと板金に使用して、コアを強力な衝撃に耐えた時にも精確に運行することができます。また、新たなZENITH Defy Xtreme Chronographの防水深さは1,000 mにも達し、オート排気ヘリウムバルブ装置を備えています。このモデルは悪い深海環境にあっても、優れた精度を発揮します。

物理概念によって斬新なデザインを表現する。

ZENITH Defy Xtreme Chronographの透かし面盤は3 D立体多層設計を採用し、Hesaliteと炭素繊維複合材料を加えて、面盤に十分な柔軟性と靭性を備えて衝撃力に耐える。面板の上の小さい表示盤はすべて自ら構成してからつながって、全体の設計の概念は主に「ハニカム構造」から来て、そして力学の構造の中の耐震と吸収の原理を結び付けます。また、フェイスプレートの扇形の線はターボ状の回転盤と組み合わせて設計されており、ターボの針が回転すると「スパイラル」が発生し、衝撃力を下方に伝えることができ、力を分散させる物理的な役割を果たしています。物理的な耐震設計は自然に内部の耐力度を大幅に増加させ、さらにEl Primero高回転コアの安定性を維持します。