鉄骨労働の罪なしの平行棒で口をつぐむ

平行棒で二言三言三言言い,多くの人を締めくくる.笑って置こうと思いましたが、何かを言うべきだと思いました。

市場を振り返る

信じられないかもしれませんが、今は無理なプロのタイプです。昔は売れない大きな塊ばかりでした。前世纪の八九十年代、迪通は先ほど头をもたげました。スポーツ选手たちは引き続き人気があります。

以前Cosmographは店の中で唯一割引があったデザインだったが、私が住んでいる都市では「以前は鋼迪がカウンターに置いていたので、誰も買いませんでした。」

もちろん、私達は値上がりを買うことに熱中していますが、買うか買わないかは、運命の浮き沈みの探一と緑のガラスを忘れてしまいます。

金の時計は復活できますか?予測はできませんが、流行文化から大胆に推測すると、将来のモテはやはりプロタイプの可能性が高いです。

金労VS鋼労

私は小金の時計に対して偏愛がありますが、鋼の時計はこのようなアマチュアの軽視、曲がった酸を受けるべきではありません。

金労の流行は、時代背景が鮮やかだ。特に80年代には、金色に輝くチョウザメ(DD)が、「香港・マカオの社団、台湾・田橋の仔、大陸で大金持ちになるための模範となった」という。