ファンはなぜ日本の表を好んでいますか?

アジアで唯一のタブ領域で西洋に対抗できる国として、日本はタブ業では比較的歴史が長くないですが、市場ではスイス、ドイツの伝統的なタブブランドと拮抗することができます。その原因を追求して、時代の背景、消費習慣の転換はとても大きい関係を持っています。「石英危機」は日本のタブ業を生み出し、現代人にも多くの選択をもたらしました。先日、腕時計の家は日本のセイコーブランドの招待を受けて、日本に行って一週間の時計工場見学の旅を始めました。
日本の岩手県にある雫石高級時計工房です。
正直に言うと、日本に行っても何回か行ったことがあります。日本は大体関東と関西の二つの部分に分けられています。冬は日本に雪を見に行きます。夏は日本に海を見に行きます。風景は十分に流れます。それ以外に、みんなが日本に旅行に行くのが好きな理由はもう一つあります。買い物がとても便利です。家電、腕時計、女性が愛する化粧品はここはまさにショッピング天国です。
東京銀座の商店街
前世紀の七、八年代に日本の経済は猛烈な発展を遂げました。さまざまな会社が立ち始め、1881年に創業したセイコーが、1924年に初めて本格的に腕時計を発売しました。1969年、セイコー、Berligetは世界初のポインティングウオッチ、SEIKO ASTRON 35 SQを発売しました。