外国で時計を買う方は注意しました

友達の輪でいつも各種が日に当てて、美食を日に当てて、子供を日に当てて、更に多くのは日に当てて旅行するのです。国内旅行はもう満足できなくなりました。海外旅行はますます人気があるようです。表のファンは海外に行く時、普通はいい時計を買って家に帰りたいです。特に万元以上のいい時計は為替レートや税金などの要因で海外の時計はよく安くなります。海外に行って時計を買うのはいいですが、注意すべきところは友人の皆さんは無視できないと思います。
まず、海外での物ロレックスコピー品取得は5000元以上で、一部を超えると税金がかかります。ここの海外には空港の免税店は含まれていませんが、「中華人民共和国電子商取引法」にも説明があります。国外で品物+免税店の製品の価格の合計を取得すると、8000元を超えると、税金も払わなければなりません。
次に、購入した表の金額(5000元以上)を如実に申告した後、税金を納めます。税率は全部で3つの段階で、その中の高級腕時計の税率は最高で、5000元を超えると50%の税金を納めます。もし海外で1匹の価値の3万元の腕時計を買ったら、5000元の人民元の免税額を差し引いて、また12500元の税金を納めなければならなくて、価格は国内の公価と比べて、優待度は大きくないです。