彼とロレックスとどちらがより価値がありますか?

本物の腕時計をプレイしても、復刻表をプレイしても、基本的にはロレックスがより価値を保つという共通認識があります。ロレックス自身のブランドの位置づけは豪華なプレイリストですが、多くの人が彼の認識に対して、実は長持ちしています。このような普遍的な価値観の中で、二級市場の反応もこの点に応募しました。例えば、緑水鬼は6万円を超えています。ロレックスの迪通が持っているパンダも公価を超えています。
みんなの認識から見ると、やはり二級市場の反応はロレックスのほうが価値が高いと思います。彼を愛しているのは鋼鉄時計の王として、高調ではないですが、もっと際立っています。大通りにあふれているロレックスの水鬼などに比べて、彼を愛している腕時計を選ぶことが重要です。だから、ブランドごとにブランドの特色があると思います。何でも高低があるわけではないですが、価格の位置付けから見ると、愛の彼は百達翡翠、江詩丹トンなどのトップブランドと標的にしています。マケインVSフェラーリのようです。ロレックスはベンツとBMWのようです。だから、ブランドの位置付けにおいて、彼を愛したほうがいいと思います。しかし、市場の認可度と単純な価値観に関してはロレックスのほうがいいです。