緑の宝石が好きです

Laura Lan藍思晴の「大文字のローラ」は中国語圏で有名な時計ジュエリー評論家で、専門的な機械時計を鑑賞し、ジュエリー、生活、文化、芸術などの各分野に対しても独自の見解を持っています。「引想力工房」を創設して、専門文案、顧問、講習などの仕事に従事します。
昔から緑色の宝石が大好きです。ずっと緑時計コピーを愛しているからかもしれません。緑と青の間に緑が多すぎて青すぎているようですが、これは何か心理学的な問題がありますか?
その日は上海の外灘三階で、カラー宝石の仕入先であるGemfieldsから宝石学者のJoanna Hardyと面談する機会がありました。緑の宝石はイスラム国家にあるという意味を話しました。作品はイスラム世界ではあまり売れません。