ポルシェはずっとトップクラスのスポーツカーとしてみんなに熟知させられました。実はポルシェは腕時計界でもある程度広くざっと目を通します。その上彼がスポーツカー界のでように、ハイエンドの存在です。たくさんポルシェの腕時計の友達が好きで、でも聞きます:ポルシェの腕時計は水を防ぎますか?次に腕時計の家はみんなに教えに来ます!

ポルシェの腕時計は水を防ぎますか?

すべての腕時計がすべて防水機能があるのではなくて、いくつかが防水機能があるのは腕時計が通常腕時計後閉じで明示するのです!もし底の閉じが打つ“WATERRESISTANT”あるいは“WATERPROOF”の英文の字形があります。防水機能を備えます。腕時計を標記してただ防塵するだけことができる防水がありません!

ポルシェの腕時計の防水の等級

普通な腕時計の防水の規格は以下に数種類分けます:30メートル、50メートル、100メートル、300メートル、500m。

30メートル:普通な生活の防水を指して、手を洗って時はね上がる水滴、小雨の時舞い落ちる雨粒下へもあって、しかし注意してすべて時間ができないのが長すぎて、サウナの部屋の中でつけてはいけません。

50メートル:30メートルと違いは何もなくて、見落とすことができます。

100メートル:あなたは彼を連れていて洗車することができて、シャワー、しかし水中で液体に浸してはいけません。

300メートル:泳ぐイベントを行うことができて、しかしただ浅い泳ぎだけに適用します。(くれぐれも300メートルの所で理解してにならないでください。)

500m:このランクのはやっと水中に潜ることができます。専門級の潜む水道のメーターに属します!


中国の腕時計はスイスがそんなにのを表すのが派手なことに及ばないが、精密で正確です。しかし中国の腕時計はその自分の特徴もあります。価格の親民は国の表す特徴の中の一つで、たくさん友達を表すのもこの点が気に入るでした。それでは中国名が順位を表すのがどうですか?次に私達は中国の国産の腕時計のブランドの長幼の順序を見てみに来ましょう!

亜を飛んで達します

深セン市は亜(グループ)株式有限会社に達して1987年に創立するのを飛んで、境界内の唯一の一つの時計業上場企業を結んで、しばしば経験して長年粘り強く鍛え磨いて、すでに成長して中国の腕時計の旗艦の企業になって、腕時計に集まって研究開発して、設計、製造、が販売して一体になって、“亜を飛んで達する”の有名なブランドと“亨が縁起が良い”の商業のブランドを持って、マーケティングのネットワークは全国を覆って、そして国外まで(に)延びます。

亜を飛んで専門の腕時計のブランドに達して、何度も中国の宇宙飛行士が宇宙に遠征するのに伴って、そのきんでている振る舞いで腕時計の伝奇の佳話を成し遂げます。亜腕時計に達して人を味わうために1つ1つ巧みで完璧な技術が現れるのを飛んで、創意設計、完璧な人生の時間を記録します。潮流の製品の風格でリードして、すばらしい時計の文化を演繹する同時に、生活する主張に対して時間に対する認知、をも伝達しています。

ロッシーニ

1984年7月、中国の時計の業界として1番早い1家の中国と外国の合弁企業を創立して、ロッシーニは310万ドル頼って、時計の製品の供給が需要を上回る経済の背景の下で誕生します。創業する初期、会社はスイスの一そろいを導入して金めっきを加工して殻設備と加工技術を表して、先進的な技術に頼って、高級な時計の殻と国内外を生産して時計が組み合わせてセットにするのになって、そして国内で異形の防水時計の殻を創始して、国内の高級な時計の殻を生産する先導企業になります。1988年にロッシーニの生産する金めっきは殻を表して広東省に製品を確認させられて“輸入代替”になられて、その中の1095、5014の型の金めっきは殻を表して広東の省の優良品賞に選ばれます;1991年4月に円形、異形の金めっきは殻を表して北京の第2期の博覧会の金賞を光栄にも獲得します。それによってロッシーニ迅速に占領してその時国内の空白の高級な時計の殻の市場に属して、とても良い経済効果を得ました。

1990年の後にから、会社は時計の市場の情況の変化によって、直ちに製品構造を調整して、単に高級な時計の殻を生産してから大規模なのが生産を表しになりに変わって、そして“ロッシーニ”のブランドのが更に開発するのに対して強化します。その富んで個性的なデザイン設計、すぐれて良い品質、きんでている性能はすぐ便のロッシーニが1つの年々拡大した市場占有率を持つ。ごく短い数年時間の中で、ロッシーニ会社は1つの製品の単一の“ショップ型”の時計殻加工工場発展する専門の設計能力がありになる制表会社から、そして1991年に珠海市の唯一の国家の2級の企業になります。


3は腕時計に比較的高級な腕時計を聞いて、またとても高い技術があります。私達は腕時計の内部の出す異なる音ことができますを通じて(通って)、現在の時間を理解します。それでは3は腕時計の原理に何を聞きますか?次に腕時計の家はあなたのために紹介します!

3は腕時計の原理を聞きます

何は“3が聞く”の時計です

1、時間を知らせる方法

時間を知らせる方法:3弾いて表したのに柄を動かしを聞いて、それは連続して耳に心地良い音調を出します。低い音調は時間を知らせるので、例えば:“、、”、3こだまは3時です。引き続いて新聞が刻むので、普通は高い低音が組み合わせるので、例えば:“チリンチリン、チリンチリン”、つまり30分(30分)。続いて、高の音調は新聞が分けるので、例えば:“刺して、刺して、刺して、刺して、刺す”、5こだまは5分で、それでは今の時間は3.35分です。

3は聞いて、陀はずみ車、万年暦とと同じに、機械の表す一つの複雑な機能で、表を作成する技術の中で機械一つの最大の挑戦です:有限な空間の内で時間を知らせるためのリードの条設置に参加して、時には音色のために高く低く流れて、また(まだ)3セット甚だしきに至ってはより多くひとつのセットの金槌のリードを入れて、多くの部品が髪の毛の糸と同じに小さいです。それぞれの名はブランド商達を表して3精製して時計を聞いて、金が儲かるためでもないようで、自分のが技術がずば抜けていると証明するのために、だから名声と国際地位を高めます。

簡単に言うと、3は表すのが時間を知らせる時計のことができるなことを聞いて、殻辺を表してあるいは柄を動かす押しボタンがあって、それを押す時、“刺す刺すどんどん”の音が時間を知らせるのを耳にすることができます。 異なる音律で時計は、時計を刻んで1分のが時計を聞きと“3が時計を聞く”と称すると表します。たとえば、1.53分に時間を知らせるのは10分の時間を知らせるシステムで音、5個はチリンチリンと音が3つと音を刺す時にひとつのです。