2019年3月21日- 3月26日、スイスは第47回バーゼル国際時計ジュエリー展を開催する。

展覧会からは一ヶ月以上の時間がかかるが、帝舵はすでに公式Insで2019年の新商品のメッセージを発表した。往年の伝統によって、このコーポレート写真はその年に主に新金を押した。表盤の一部の写真だが、この帝舵でどんな腕時計を出すかを細部まで予測することができる。

写真の中で最も明らかな認識点は三角の目盛りで、同時に画像の位置を考えると、この三角の目盛りは9時位置に位置していることがわかります。私たちがよく見ている時計は三角の目盛りを持っていると、表盤の12時に位置します。


先日、世界最大の時計グループのSwatCH Groupが、愛人と共同で「Nivachron」という新たな遊線を発売したと発表した。この糸は、合金原材を「チタン」を基底にしているという。新しいNivachron遊糸は多くの長所を持っています。磁場の腕時計の運行に影響を与えることができ、温度変化に効果がある。また、優れた抗衝撃性もあります。最終的に、すべての利点は、腕時計の性能を改善することができます。

最近では、SwatCHはNivachronの糸を使った最初の腕時計を発売し、Sistm 51によって改装された。遊糸を使って、ココアを回転させて、自動陀を正面から見ることができます。

第1回は3種類の色のバージョンがあって、45ミリの鋼の殻、各限定500個で、価格は1万元に達して、普通の金のSistm 51は人民元の1500ぐらいにあることを知っています。


この前、私はブランドの販売担当者と市場の話をしていたことを覚えていますが、このような経済状態の中で、突発的な事件が出なくても、販売が安定しているのはどんなブランドですか。ヘッド効果により、ハイエンドが依然としてしっかりしていると考えていますし、エマワークとシャネルの例も挙げています。

数日前、愛馬は2018財年第4四半期と通年の財報を発表し、年間売上高は前年比10 %増の59.66億ユーロと過去最高となった。特に目立つのは、中国市場の表現。そしてエマサは、市場の需要に足を踏み入れた。

実際、いくつかのグループのデータはすべてとてもきれいで、例えばLVMHの成長も10 %を超えます。開雲グループの主力選手Gatciは増加率が下落したが、同業者の比較的高い水準を維持している。

暦では、領頭羊のカルティエの地位が安定しているほか、ゴッホの勢いも激しい。スワッキグループは6.1 %の成長を遂げているが、実際には底に触れてリバウンドが成功した(2016年は低谷)、昨年はオメガやアコーダーが産能不足の問題に遭遇した。