2004年のBasel時計展では、Zeno – WatCHは、大きな表面の「大三針自動腕時計」と「自動カウントダウン」の2つの新金時計を発売する。今回の新金には、小さな牛の皮の表帯、ステンレスの表殻、サファイア水晶の鏡面及び透視表の背を備えており、内部の機械構造の精巧な設計とコアの動作が明らかにできる。特殊な双表冠のデザインは、左側の第2表冠を使用することができます。

大表面として有名で、日本の若者たちを風靡したスイスの名表Zeno – WatCH Baselは、復古と流行の特殊なデザインを兼ね備えており、若いと活力色を表現した。サラリーマンに愛されているだけでなく、アウトドアにも最適な選択であり、性と実用性の高い腕時計です。Zeno- WatCH Baselの全シリーズは、百禄回避器を加え、抗磁気、防水などの性能を備えており、同級の機軸を使った表金の中には、価格が安い中低価格表は、低価格では高品質である。
バーゼル時計展で自動機械腕時計を発売

大三針自動腕時計:623 RDおよび623 BK

採用することによって、3時の位置に日付が表示されます。この腕時計は赤6282 RD、黒623 BKの2色が選択できます。そして赤、黒の2色の小さい牛の皮のベルトがあります。


今年はオメガの超覇登上の月50周年(1969~2019)で、先日、オメガが超制覇を再開した321手動の上弦時計を再生産すると発表した。これらの情報からは、今年はオメガが大きなことをやっているということがわかりやすいです。先日、オメガは、金頭金鎖の手動超制覇表を発売し、「アポロ11号」50周年を記念して1014匹を限定した。

オメガの新モデル「アポロ11号」50周年記念表は、限定1014匹。

それによると、オメガは金殻の手動超覇を発表し、特に何も言うことはありません。金頭金鎖のため、この時計の公価は必然的に20万以上で、公価はとても高くて、その上まだ限定されて、大部分のプレーヤーにとっては、十分ではありません。しかし、私がよく見てみると、この金殻は手動で力を超えて大きな技術のアップグレードをしました。1つの未曽有の新しい手動の上弦の機軸を使用して、番号の38 61、つまり1861のアップグレード版です。これは私たちとの関係はとても大きいです。これは、多くのプレイヤーが買うことが最も多くて、最も多い鋼の殻は手動で超制覇して、将来大きな可能性があって、この新型の861手動の上弦のカウントダウンの機軸を交換することができます。


スイスの制表馬車の一つとして、今年はジュネーヴ表展でも注目されていますが、昨年誕生したウイ陸の型シリーズ、古典的なOvses縦横四海シリーズ、トラディティネティル・シリアシリーズ、Patrimony伝承シリーズ、絶美なLes Cainotiーズの屋根裏職人シリーズも新たな表札を出しています。なお、今年はブルーが大ヒットした色の1つで、江詩丹回もPatrimony伝承シリーズとFotionyウイウリン系シリーズにブルーディスクの新商品を加え、ブランド自体のハードな実力や顔値を披露している。続いて、私たちは、江詩丹回の伝承についてのシリーズのカレンダーの真っ青面の表を見て、腕の間の魅力的な青を感じます。

江詩丹回伝承シリーズは、これまでの簡素な風格を中心として、細やかで優雅なケースがあり、正式の場と宴会に出入りする理想の伴侶である。今年の新時計は逆跳びの機能を加え、本来の簡潔を保持し、通常を破って、腕の間で時間が流れていくような感覚を身につけることができる。