1956年のロレックスのカレンダー型腕時計は、世界初の表盤にカレンダーを設けて全書週間の時計を表示できる。今年のバーゼル国際高級時計展では、ロレックスはまた、このシリーズに新たなメンバーを加えたが、18は金の殻にダイヤを組み合わせ、まばゆく輝く効果が目立った。これからは、新しいカレンダータイプの魅力を少しずつ感じてみましょう。

ロレックスのカレンダー型のピットの時計金は高貴な典雅で、時計の輪、面と連鎖はすべてダイヤモンドをはめ込んで、まばゆいほどまばゆい。宝石の象眼は厳格な要求があって、たとえば宝石の高さとその正確な配列、方向と位置、象眼性、堅固な度と比例して、および金属は座の精緻な表面の修飾で、これらの細部の処理はすべて非常に繊細で、明るい光の目的の効果を呈するためです。

腕時計は直径36ミリで、表殻は白CT金で作られたもので、その材質はロレックスの専属鋳造所で、純度の高い金属で製成された高品質の素材です。表殻の側面は放光工芸の潤いがあり、白CT金の光沢は比較的温潤で低い。時計の輪にはピカピカのダイヤモンドが入っていて、腕に魅力のある飾りを持っています。


今年のバーゼル国際時計ジュエリー展では、ロレックスが新たなグリニッジ型II腕時計を発売した。隕石面のデザインにはマーク的な表輪が付いていて、違うスタイルを作ります。また、この腕時計は大陸間旅行のために設計されています。伝統の時計、針と秒針のほかに、グリニッジ型IIは1つの独立した24時間針と二方向回転の24時間の外輪を用意しています。24時間指針は、第1時間エリアの参考時間(例えば、居住地時間)を表示することができ、相対的な外輪によって刻々と読むことができる。旅行者は、表盤上の伝統的な指標で現地時間を知ることができる。

この腕時計の国内価格はRMB 299 , 900で、興味のある友人は公式客服電話で詳細を知ることができる。

以上は腕時計の家が持ってきた2019バーゼル国際時計ジュエリー展最新情報で、これからももっと素晴らしい展示をお届けしますので、ご注目ください。


今年のバーゼル国際時計ジュエリー展は、現地時間の3月21日、つまり今日のように行われました。この前、スワッキグループはバーゼルの表展を引退したと発表した。さて、今年のバーゼル展の現場は例年の盛況を繰り返しますか?実は、現場で見た黄色の建物はこれまでに2号展示館としても展開されていましたが、出展者の減少により今年は採用が行われていません。

Play Video

私たちがバーゼルに行った初めての日

一鏡は結局、腕時計の家の足どりに従ってスイスのバーゼル時計の現場に来て、時計の世界があなたに与える奇妙な観感を感じた。

以上は腕時計の家が持ってきた2019バーゼル国際時計ジュエリー展最新情報で、これからももっと素晴らしい展示をお届けしますので、ご注目ください。