平行棒で二言三言三言言い,多くの人を締めくくる.笑って置こうと思いましたが、何かを言うべきだと思いました。

市場を振り返る

信じられないかもしれませんが、今は無理なプロのタイプです。昔は売れない大きな塊ばかりでした。前世纪の八九十年代、迪通は先ほど头をもたげました。スポーツ选手たちは引き続き人気があります。

以前Cosmographは店の中で唯一割引があったデザインだったが、私が住んでいる都市では「以前は鋼迪がカウンターに置いていたので、誰も買いませんでした。」

もちろん、私達は値上がりを買うことに熱中していますが、買うか買わないかは、運命の浮き沈みの探一と緑のガラスを忘れてしまいます。

金の時計は復活できますか?予測はできませんが、流行文化から大胆に推測すると、将来のモテはやはりプロタイプの可能性が高いです。

金労VS鋼労

私は小金の時計に対して偏愛がありますが、鋼の時計はこのようなアマチュアの軽視、曲がった酸を受けるべきではありません。

金労の流行は、時代背景が鮮やかだ。特に80年代には、金色に輝くチョウザメ(DD)が、「香港・マカオの社団、台湾・田橋の仔、大陸で大金持ちになるための模範となった」という。


年度の晒し表の効果は私の予想を完全に超えています。600人近くの読者の絵のほかに、600人以上の新しい粉を収穫しました。本当に感激しています。そこで、この数日間、皆さんからの質問に答えるために忙しくて、今の人気商品に集中しています。もちろん厳しい問題があります。新年の経済状況の下で、私達はどのように時計を買いますか?

ウサギはたくさんの疑問とストーリを集めて、みんなと分かち合います。

まず一つの例を言います。例えば、バダ・フェリさんは去年のオウムサザエ万5740/1 G、公価87万元、3月にバーゼルを出た時、多くの人が差額は小さいと思いました。帰国して、国内に並ぶしかないです。

そこで、去年の上半期に5740番のVIPのお客さんが並んでいましたが、そろそろ年末年始になります。今はもうちょっと並んで予約したいです。少なくとも二、三年は待たなければなりません。

もちろんこれは中古市場の相場と関連しています。現在は5740万元(もちろん、出来高はそんなに大きくないと言われていますが)まで炒められています。ハイエンド爆発の一枚です。

ですから、昨日は「ロレックスの青い空の行者はどれぐらいの割引がありますか?」という読者の質問に対して、この例を挙げて答えます。「最初はいつも値段の差を考えていましたが、海外で安いものを買いました。その後は割引を考えて、いくら節約できますか?最後には、メーターからメーターを手に入れるしかないことに気づきました。」


あっという間に2018年が過ぎました。忙しい一年間を過ごしました。一ページのスケジュールを見て、会議や出張、イベントなどの記録がびっしりと書き込まれています。

私にとって、2018年、特に全く新しいスタートを切りました。30年の平面出版メディア業界を離れて、フリーターになりました。友達が会ったら、安さんは今は楽だと言っています。実はそうではなくて、日は同じように忙しくて、仕事は同様に重くて、しかし気持ちは突然明るく広々として、甚だしきに至っては体重はすべて1年前に6キログラム増加しました。以前は毎日下り坂を歩いていると感じていましたが、今は毎日高いところに登っています。一歩ずつ、今日は昨日よりいいです。

腕時計やテーブル、壁の時計に秒針がありますか?このように小さな針は、歩く時の「ポタポタ」という音とともに、時間の流れを具象するようになります。昔の人が言った「一寸の光陰は一寸の金」のように、その「一寸」はこのように適切に使われています。時計の盤面を見つめ、秒針が走り続けるのを見ると、「光陰矢の如し、月日は矢の如し」というイメージがあります。

しかし、ある時計には秒針がないので、どうしても焦ります。持ち上げて、ゆらゆらして、聞いてみたら、まだ正常に運行しているかどうか分かりません。だから私は時計を買います。きっと秒針があります。大きいのも小さいのもあります。時計用語では、「大三針」というのは、時分秒の三本の針が盤面の中央にあることを指しますが、「小三針」は中央に時分針しかなく、小秒針は盤面の隅に独立していることを意味します。これらは比較的標準的な構成です。