帝陀表はどうやって弦を上りますか?

帝舵手は品質と安価を一身に集めて、高品質の親民腕時計ブランドを作っています。そのため、市場上で人気があります。でも、帝舵の腕時計を買った友達もたくさんいます。次は腕時計の家を教えてあげましょう。
帝陀表はどうやって弦を上りますか?
ドイツ人のハンス?ウィルドフは前世紀の初めに有名なロレックス時計ブランドを創立しました。1930年代、ロレックスはイギリスを中心とした全ヨーロッパ製品の普及計画を全力で実施しましたが、価格が高いため、庶民が持つのはスーパーコピー時計N級難しいです。ハンス・ウィルドフはロレックス製品の普及版、つまり製品の品質はロレックスと同じに優れていますが、価格は一般の人が納得できる製品を生産することを決めました。すると、Tudor(帝舵)表が誕生した。
手を自然に垂れて(ズボンの裾に手のひらを向けて、手の甲を外側に向けて)、上の手首の方向を保ちながら、腕と肩を平行にして、元の軌跡に沿ってゆっくりと元の位置に戻ります。これをセットにします。仕事のために普段は時計をかける時間が長いですが、手の自然活動量が少ないので、毎晩時計を外してから上記の方法で20組ぐらいの上弦を補充します。