公定価格は1万4,緑の皿、復古、潜水、全部食べます

最近、私は比較的身近な腕時計を二つ手に入れました。前に言ったばかりの金浪琴です。一つはこの緑が豪利な時に65回も潜水時計を刻んでいます。
豪利の時は65回も潜水時計を刻みます。
この頃、公価が比較的低い入門級のリストが多いことを発見しました。本当に良いです。値段だけではなく、顔の価値も高いです。例えば、ロンジンの最新の1934複写表、ロンジンコンカス潜水表、ティソ1948複写計時表、ティソ海星潜水表、アメリカ度ナビゲーターの潜水表などです。公定価格は万元前後で、入手しやすく、ストレスはあまりないです。今日のポイントは豪利な時に緑の面が65回もダイバーズウオッチを彫るということです。
豪利の時は65回も潜水時計を刻みます。
私は豪利を買ったことがないですが、今回豪利を手に入れた時には65回もダイバーズウオッチを作りました。最初は緑色の盤面とお得な価格に惹かれました。手に入れた後、深く了解してから、この豪利な時にレトロなダイビング表はたくさんの見どころがあります。